会計ソフト・会計システムなら【勘定奉行のOBC】

サイト内検索

HOME > 製品情報 > ERPパッケージ 奉行V ERP > 製品紹介 販売管理

製品紹介

奉行V ERPは、多くの導入実績と長年のパッケージ開発により、
高度に標準化された機能性と、どのようなお客様にも直感的で使いやすい操作性を兼ね備えています。

  • 概要
  • 固定資産管理
  • 人事労務
  • 販売管理
  • ミドルウェア
  • 連携ソリューション

「奉行V ERP 販売管理」は、多様な業種・業態での運用を実現する
充実した機能性を持ち、販売管理の幅広い業務プロセスに対応します。

「奉行V ERP」の販売管理は、見積から受注管理、売上管理、請求/入金管理、売掛管理までを実現する「商奉行V ERP」と、発注から仕入管理、支払管理、買掛管理、在庫管理までを実現する「蔵奉行V ERP」をコアシステムとし、幅広い販売管理業務に対応します。また、必要に応じてオプションシステムや連携ソリューションを追加することで、入金支払の個別消込や、在庫引当、入出荷管理、ロット・ロケーション管理など業務プロセスの拡張が行えます。

奉行V ERP 販売管理
  • 共通マスター管理
  • 受注管理 発注管理
  • 入出荷管理 ロット/ロケーション管理
  • 請求・売掛管理 支払・買掛管理
  • 分析・集計・在庫管理
  • 連携ソリューション

共通マスター管理

様々な業種・業態での販売管理業務の運用を可能とする、豊富なマスター項目とスペックを実現しています。

  • 商品管理

    商品コードは5種類、商品名は6種類の管理が可能で、主商品名は60文字入力できます。自社コードの他に、国際標準商品コードや、メーカーコード、商品名や型番、サイズなどの管理ができ、多様化する商品管理に対応しています。

  • 構成品管理

    複数商品を組み合わせて構成品として生産したり、また反対に、生産した構成品から部品の取り出しも可能です。部品と構成品の在庫数量の管理だけでなく、構成品として生産する際の加工費も合わせて管理することができます。

  • 取引先管理

    得意先や仕入先は無制限に登録することができ、企業情報や担当者情報といった基本情報はもちろん、請求時の消費税の計上方法や与信額などを個別に設定できます。また、回収額による回収種別・回収方法といった回収条件を設定することで、回収額に応じた回収予定の自動判定を行え、半金半手などの分割回収にも対応しています。

  • 単価管理

    複雑な単価管理に対応。標準価格はもちろん、ランク別単価(No.1~No.5)、仕切(掛率)、得意先別単価、数量別単価、単価区分別単価(荷姿単価)、期間単価(キャンペーン等)にも対応可能。前回単価や過去100回分の取引単価の表示が可能です。

  • 業務統制

    原価割れや粗利益率、与信額、在庫割れ、伝票番号の重複などの統制機能が搭載されており、業務の統制を行うことが可能です。また、利用者ごとの入力項目制御やメニュー制御、伝票承認機能なども搭載されています。

資料請求 導入のご相談
ページの先頭に戻る

受注管理・発注管理

見積作成から受注、出荷後の売上、発注から仕入まで、日々の受注・発注業務を効率化します。

  • 受注管理

    受注管理は全ての販売管理につながる重要な業務であり、受注後に発生する業務(在庫確認・発注業務・出荷指示・受注残管理)をサポートする充実した機能を搭載。得意先からの問い合わせ対応の時間を短縮する機能や、粗利益を確認しながらの単価入力など、受注管理に求められる正確性とスピード性を実現する機能を多数搭載しています。

  • 発注管理の効率化

    在庫状況を参照しながら発注伝票を登録することができ、登録と同時に注文書を印刷することが可能です。注文書は、オリジナルフォーム機能によりお客様側で自由にフォーム設計が可能です。

  • 受発注同時入力オプション

    受注伝票と発注伝票を同一画面で作成することができるため、在庫を保持しない商品の受発注業務の時間短縮に繋がります。在庫状況を見ながら、受注数とは異なる発注数を入力することも可能です。受注に対し、発注を紐付けて管理できるので、正確な粗利管理を実現します。

  • 在庫切れの防止

    在庫減少時の発注点をあらかじめ登録しておくことにより、発注の目安となる発注検討表を出力できます。発注点を下回った商品の一括発注処理が可能となるため、売れ筋商品の在庫切れを未然に防ぐことができます。

  • 取引先とのEDI業務を集約

    百貨店・量販店・スーパーなどの取引先から異なるフォーマットで送られてくる発注データをもとに、各得意先が求める帳票の発行や、返信データの作成が可能です。受注、出荷、請求とデータ連動することで、出荷指示のピッキングリストさらには出荷データ・請求データとして返信することができ、納期・出荷回答業務の効率化、取引先毎に違う通信手順の集約、FAX・電話等の通信コストの削減等に寄与します。

資料請求 導入のご相談
ページの先頭に戻る

入出荷管理・ロット/ロケーション管理

入出荷管理では、受注から在庫引当、出荷締切・出荷指示、ピッキング、出荷確定、検収・売上計上までの商品の入荷出荷に関する業務プロセスを一元管理し、また、ロット管理・ロケーション管理を実現。入荷管理については、発注から入荷予定、入荷確定、仕入計上までを実現。スムーズかつ効率的な入出荷管理を支援します。 これらは「入出荷管理オプション」「ロット管理オプション」で実現しています。

入出荷管理・ロット/ロケーション管理
  • 在庫引当(在庫予約)

    受注伝票の受注明細ごと、生産予定明細ごとに在庫の引当(予約)や、受注伝票入力後に、ある一定条件に基づき一括で引当を行えます。出荷の判断として「全数引当後に出荷」、「引当てたものから順次出荷」を選択でき、 優先引当の指定も可能です。出荷指示前の受注明細を集計し、引当処理の状況を一覧で確認でき、一覧から受注明細ごとに引当処理や優先指定の変更も行えます。

  • 出荷準備・ピッキング

    商品別・出荷指示別またはロケーション別にピッキングリストが出力でき、トータルピッキング(種蒔き方式)とシングルピッキング(摘み取り方式)の両方に対応しています。

  • 出荷指示

    受注内容に応じて一括(または個別)に出荷指示を行うことができます。 一部出荷や複数受注伝票をひとつの出荷指示にまとめることもでき、出荷指示から納品書出力も可能です。

  • ロット管理・
    ロケーション管理

    仕入商品にロット番号を付加し、ロットNo.および賞味期限などの有効期限管理が可能です。売上履歴や仕入履歴などは、ロットNo.やロケーションを指定して一覧検索できるため、出荷に対する問合せやトラブルにもスピーディに対応できます。仕入から受注、引当、売上、出力帳票に至るまで一貫したロット管理を行えます。また、倉庫情報にロケーション情報を付加することができ、ロケーション・ロット別の入出荷、在庫管理も可能です。

  • 検収基準

    売上計上方法として出荷基準、検収基準、仕入計上方法として入荷基準、検収基準の選択が可能です。検収基準を選択した場合、検収の確定処理により、自動で売上伝票もしくは仕入伝票を作成することが可能です。

  • 入荷管理

    入荷管理では、発注から入荷予定、入荷確定による仕入計上までの管理を実現。入荷予定を把握し、検品作業に備えることができます。仕入計上基準として「入荷基準」「検収基準」を選択可能なので、お客様の業務プロセスに基づいた仕入の自動計上、スムーズな入荷管理を実現します。

ページの先頭に戻る

請求/売掛管理・支払/買掛管理

請求・回収消込・売掛管理

取引先への回収予定管理、請求額の確定から請求書発行、入金管理、回収消込、売掛残管理までトータル管理を実現します。複雑な取引条件にも対応し、請求先が多い場合にも正確で効率的な回収業務が可能です。

  • 請求書発行

    締日グループを指定した請求書発行が可能です。請求書発行前に、請求内容を一覧で確認でき、一覧から請求書の発行対象を指定した印刷を行えます。請求締日は1ヶ月最大5回の設定ができ、請求締処理を行った期間の伝票を修正できないように保護することが可能です。

  • 回収管理

    取引先ごとの様々な売掛・回収契約パターンに対応し、金額に応じた回収種別の自動判別や分割回収など、複雑な回収条件の管理も可能です。また、売上伝票ごとに回収予定・回収方法を変更することができるため、通常とは異なる取引を求められる場合にも対応が可能です。

  • 入金・消込

    お客様の業務の流れに合わせた効率的な入金管理を実現するため、回収予定を確認しながら消込と入金伝票作成を同時に行う方法(回収予定基準)と、入金伝票の情報を元に対象となる回収予定データを消込む方法(入金伝票基準)の2通りがあり、効率的かつ正確な債権管理をサポートします。

  • 入金消込オプション

    入金消込オプションを利用すれば、伝票単位、明細単位の消込が可能です。未入金の管理から滞留債権年齢表などの管理帳票が出力可能です。滞留債権年齢表では、請求先別滞留売掛金の滞留期間が一目で確認できます。

  • 売掛金管理

    売掛金残高一覧表では、請求先別に、繰越残高、入金高、税込売上高、売掛金残高である差引残高を一覧で確認できます。また、債権残高(売掛金残高・手形残高・信託債権残高)や与信額をもとに算出した売掛金限度額も確認可能です。

支払消込・買掛管理

支払予定の確認から、支払消込、EB連携による支払業務、買掛管理までの一連の業務をスムーズに行っていただけます。

  • 支払消込オプション

    企業の業務プロセスに合った方法で支払予定の消込を行うことが可能です。支払先別の消込はもちろん、支払消込オプションにより、支払先別の伝票別・明細別で支払消込が行えます。消込後は、EB連携により支払FBデータの作成から振込までをスムーズに行っていただけます。

  • EB連携

    支払消込を行うことで、支払伝票が作成され、ファームバンキング(FB)データが作成が可能となります。「OFFICE BANK」をはじめとしたEBシステムと連携することで、そのままFBデータを利用した振込業務を行えます。

資料請求 導入のご相談
ページの先頭に戻る

分析集計・在庫管理

「奉行V ERP」は、格納されている販売管理業務の一連の数字を、柔軟な切り口でリアルタイムに把握・分析することが可能です。「利益を生み出す商品に注力できているか」、「適正在庫は確保しつつ、不要在庫や売上漏れを起こしていないか」など、販売管理情報把握と経営への活用を実現します。

  • 売上傾向分析

    売上・仕入実績を多様な帳票で把握・分析することが可能です。ABCランクでの分類(ABC分析)や、区分・プロジェクト・部門別に数量・売上金額・粗利金額などの様々な指標での集計(売上行列表・仕入行列表)が可能です。
    Excel転送も実現しています。

  • 取引状況の把握

    取引実績一覧表では、プロジェクト別・部門別の粗利益、粗利率や商品の在庫回転率、得意先別の売上と入金情報の一覧など、様々な角度から販売管理情報を集計・分析することが可能です。

  • 正確な受注残管理の実現

    受注残推移表・一覧表の出力が可能です。受注残管理と消込を徹底することで、営業担当者依存の出荷管理を改善し、正確な納品管理を実現できます。売上漏れの防止にもつながります。

  • 在庫状況の把握
    期限切れ・
    トレーサビリティ管理

    滞留在庫一覧表の活用により、一定期間動きが無い商品を把握し、仕入を抑制することで、過剰在庫のリスク抑制につなげることができます。また、ロット管理やロケーション管理を行うことで、期限切れ商品や不良品在庫の管理・トレーサビリティの実現にも活用できます。

  • 伝票機能拡張オプション

    伝票機能拡張オプションを利用すれば、社内で発生する売上の按分など社内用の詳細情報を伝票データに付加できます。入力された詳細は集計可能ですが、納品書や請求書には印字されません。 伝票単位ではなく明細ごとに部門を指定し、部門別集計を行いたい、また、伝票に印字しない管理用の明細内訳を登録し、集計したいといったご要望にお応えします。

資料請求 導入のご相談
ページの先頭に戻る

連携ソリューション

  • 伝票発行業務

    納品書を自由にレイアウト可能とし、手書き伝票やチェーンストア伝票などの指定伝票への印刷が可能です。

  • 出荷業務支援

    主要路線会社の送り状やラベル印刷が可能となります。

資料請求 導入のご相談
ページの先頭に戻る
資料請求 導入のご相談

ご検討のお客様専用ダイアル 0120-121-250 ※9:30~12:00/13:00~17:00 ※土・日・祝日を除く

パートナー様はこちらをクリック

導入をご検討の方へ

ステップ別コンテンツガイド

製品・ソリューション検索

Copyright (C) OBIC BUSINESS CONSULTANTS CO., LTD. All Rights Reserved.