ホーム>>スペシャルコンテンツ – なぜグループ経営やシェアードサービス運用に奉行V ERPが選ばれているのか?

なぜグループ経営やシェアードサービス運用に奉行V ERPが選ばれているのか?

OBCコンサルタントが回答~グループ経営・シェアードサービス運用に奉行V ERPが選ばれる理由~

内部統制や四半期報告制度の義務化、新セグメント会計基準の導入など、グループ経営管理の充実と開示の早期化が求められる中、グループのシステム基盤統一、シェアードサービスの運用をする企業が増えています。

そのような中、なぜ奉行V ERPが採用されているのか、多くの導入事例を交えてご紹介します。

ページの先頭へ戻る

企業グループ 導入事例

グループ導入モデルケース

会計編
統制の効いた業務運用環境を提供
債権債務管理を含めたグループ会計の統合運用を実現
財務会計に加え管理会計のグループ標準運用を実現
他システムとの柔軟な連携をサポート
人事給与編
パート・契約社員などの多様な雇用形態にも柔軟に対応
人事データの一元化によりグループ横断的な人員配置を実現
グループ内の人事指標を共通化し戦略的制度を運用