同一労働同一賃金対策の実践方法を解説!

 同一労働同一賃金対策の実践方法を解説!

同一労働同一賃金への対応を一言でいえば、通常の労働者と短時間・有期雇用労働者の間に不合理な待遇の差がないと説明できるようにしておくことです。

その検討手順を、厚生労働省が推奨している以下のステップについて、社会保険労務士大津先生が解説いたします。

手順1:労働者の雇用形態の確認
手順2:待遇の状況の確認
手順3:待遇と違い・設定理由
手順4:待遇の違いの有無と整理