時間外労働の上限規制への対応 労務担当者が知っておきたい新36協定届の書き方マニュアル

premium33

新様式「一般条項」「特別条項付き」の新36協定届の書き方を徹底解説

2019年4月に施行された働き方改革関連法の変更に伴い、36協定届の様式が変更されました。

従来の36協定では、一般条項も特別条項も同じ様式を使用し、余白部分などに任意に特別条項の内容を記載していましたが、新様式では「一般条項」と「特別条項付き」の2種類に様式が分かれます。

これは、働き方改革関連法により時間外労働の上限規制が設けられたために、詳細を記す内容にするべく改定されたものとなります。

本資料では、上記改定に伴う36協定届出書の書き方をご紹介いたします。