サポート・サービス

※ すべてのサポート・サービスが法定調書奉行クラウドのご利用料金に含まれます。

丁寧な対話で確実・迅速に疑問を解決する
OBCサポートセンター

奉行クラウドの導入時はもちろん、お客様の様々な取り組みや変化・成長に合わせて運用方法までご相談いただけます。OBCサポートセンターは、お客様と対話することを重視し、業務に精通した専門スタッフが、確実・迅速に疑問にお応えいたします。

電話サポートを中心に、多様なサポートをご用意

電話で直接お話しすることで、お客様の疑問や不安を丁寧かつ迅速に解決します。お客様の画面を一緒に見ながら、具体的な操作方法をご案内するリモートサポートもご用意しています。電話(ナビダイヤル、IP電話)でのサポートに加え、Web、FAXでのお問合せを24時間365日受け付けしています。

※ 17:00以降および弊社休業日のお問い合わせは翌営業日以降のご対応となります。

約280席のサポートセンター体制で対応

会計・固定資産・債権債務・人事労務・販売管理など業務単位で構成されたチーム体制でサポートを実施しています。お客様に迅速かつ常に最高のサポートサービスを提供できるように、万全な体制を整えています。

約280席のサポートセンター体制
約280席のサポートセンター体制

累計63万社から蓄積された運用ノウハウを提供

累計63万社のユーザー様からのお問合せや運用相談など、すべての情報を蓄積しています。サービスに関することはもちろん、クラウド等のIT基盤や法制度に即した運用方法など、幅広く対応します。

業務に精通した専門資格を持つスタッフが対応

会計簿記、マイクロソフト技術資格を取得したOBCのシステムエンジニア、インストラクター、システムコンサルタントなど業務に精通した社員がご対応します。お客様の疑問や相談に的確にお応えします。

追加コスト、バージョンアップコスト0
将来にわたる環境変化へのプログラム対応をお約束

奉行クラウドは、これから先に起こる様々な環境変化にプログラム自動更新で手間なく、コスト負担なく確実に対応しますので、安心して使い続けていただけます。将来のあらゆる環境変化への対応が利用料に含まれているため、コストパフォーマンスの高いサービスを実現しています。

約400名の開発体制でサービス品質を向上

サービスの開発やメンテナンスは東京本社一括体制です。ITの進歩に応じて最先端の技術を積極的に取り入れて開発を行っています。また、その提供においては、情報セキュリティに関する対応の専任チーム(CSIRT)が実施し、お客様の大切なデータの安全管理措置も万全に行っています。

約400名の製品開発・メンテナンス体制
約400名の製品開発・メンテナンス体制

ITの変化、新しい技術への対応

先進的な技術(AI,RPAなど)を活用し、業務処理の自動化や書類の電子化により、さらなる生産性向上を実現し、快適な業務を提供します。

※Robotic Process Automation

制度改正への継続対応

税・法制度改正など流動的に変化し、継続する制度改正への対応をお約束します。

サービス成長をお約束

奉行クラウドは、お客様に常に生産性の高い業務を提供できるよう、機能性やパフォーマンスの向上、連携サービスの拡充など、 最先端のサービス提供や機能強化を随時行い、将来の成長をお約束します。

安心・安全のセキュリティ

すべてのデータを
暗号化で保護

お客様のデータはすべて暗号化され、他のお客様のデータとは隔離された状態で安全に保管されます。また奉行クラウドへの通信、およびデータセンター間の通信などあらゆる通信はSSLで保護されます。

※ AES暗号化方式を採用

24時間365日の運用監視

世界トップレベルのセキュリティを誇るマイクロソフト社の「Microsoft Azure」で管理・運用しています。24時間365日の運用監視で脅威に対する備えは万全です。また、月間稼働率99.9%を保証し、常に安定した可用性を実現します。

※ 奉行クラウドが採用している「Azure SQL Database」の月間稼働率

国際認証SOC2報告書を取得

「奉行クラウド」は、セキュリティに係る内部統制を対象とした「SOC2 Type2」報告書※1を取得し、財務報告に係る内部統制を対象とした「SOC1 Type2」報告書※2(2020年3月予定)の取得を目指し、準備を進めています。

※1:ある一定期間におけるクラウドサービス会社のセキュリティの内部統制を評価する保証報告書
※2:アウトソーシング事業者が委託されている業務のうち、委託会社の財務報告に係る内部統制の適切性・有効性を対象とした保証報告書

AICPA SOC

クラウド化することで運用負担が激減

サーバー不要で、運用管理いらず

複数名で利用する場合や遠隔拠点から利用する場合に必要となるサーバーとその運用管理が不要になります。
サーバーレスにより、初期コストをおさえて導入できることはもちろん、運用面の管理、保守、設置場所、電気代等のすべての運用負担とコストがなくなります。

プログラム自動更新で常に最新

常に最新のプログラムに自動更新するため、バージョンアップコストや運用管理の負担なくご利用いただけます。
制度改正やOS等のIT変化にも、手間なく・確実に対応することができます。

自動バックアップで
手間なくデータ保全

大切なお客様のデータは、障害に備えて自動的に複数の異なるホストに、3重に冗長化して保管され、日々のバックアップ作業が不要になります。さらに、東日本データセンターをメインとし、地理的に離れた西日本データセンターをバックアップセンターとして活用することで、想定外の災害発生時にも対処可能となり、企業にとって重要な事業継続計画/災害復旧(BCP※1/DR※2)対策に貢献します。

  • ※1 BCP(Business Continuity Planning)
  • ※2 DR(Disaster Recovery)

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)