運用モデル

  • B農薬株式会社様
  • 卸売業

旧システムでできなかった、EDI連携とリベート管理に対応でき、運用コストの削減も実現

  • 事業内容  農薬、点滴、有機肥料販売
  • 年商 20億円 
  • 従業員数 30名

東日本を中心に、農業に欠くことのできない農薬や有機肥料の流通に携わってきたB農薬株式会社様は、ホストコンピュータからのオープン化を目的に、販売管理システムを商蔵奉行に刷新した。商蔵奉行を最大限活用した運用方法を確立し、自社特有のリベート計算業務にも対応しながら、制度改正対応含めた運用コストの削減を実現している。

導入前の課題

  • 取引量の増加から、ホームセンターとのEDI連携による受注業務効率化が急務だった。
  • リベート計算や集計資料はExcelで別管理しており、業務負荷がかかっていた。
  • これまでは制度改正対応の都度、システム改修コストが大幅にかかっていた。

導入後の効果

  • 導入効果
    1
    ホームセンターのEDIとの連携で、受注処理の作業時間を短縮。
  • 導入効果
    2
    リベートの手計算と集計資料のExcel作成が不要に。
  • 導入効果
    3
    消費税などの制度改正対応コストを、最小限に抑えることが可能に。

見るだけでわかる・納得できるシステムの運用方法

導入効果を実現した
システムの運用方法のお役立ち資料を
無料でご提供!

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)