採用業務を改善する方法採用業務を改善する方法
資料請求はこちら資料請求はこちら
採用業務はシステムで改善できるんです。
「急に従業員が辞めてしまった」「この職種の人材をすぐ増員したい」。このように、採用業務は突発的に発生することも…。しかし、多くの企業において、採用業務をExcelやメールなどで行っているがゆえに多くの非効率が発生しています。実は採用業務は、システムを活用することで飛躍的に効率化し、もっと手間なく、時間をかけずに行うことができます。
採用業務が
たいへんなワケ
採用業務で負荷がかかるのは、応募者とのコミュニケーションや情報管理です。
これらを円滑に行える仕組みがないと手作業が増え、業務負荷がかかります。
  • 応募者とコミュニケーションできる採用ページになっておらず、すぐに募集開始できない。
    これいつ更新したんだっけ?
  • 応募者の情報がまとまっておらず、状況把握や管理に手間がかかる。
    Aさんの面接日は... Bさんに結果を連絡したんだっけ? あれ?あのメールがないなあ
  • 採用した人の情報を、給与システムやExcel等に1から入力している。
    またこの情報打ってる...二度手間だなあ
募集開始から採用後の従業員の情報管理まで 一気通貫でできるシステムで解決
お申し込み頂いた方には具体的な内容を掲載した「採用業務を改善する方法」「人に関わる総務業務を改善する36の方法」をお送りします。
資料請求は
こちら
最適な採用
ページに
なってない
採用ページを作り直すなんて、お金も時間も手間もかかるし、正直、難しいです…。私にはスキルもノウハウもないし、どうすればいいかわかりません。
採用ページは、求職者と出会う会社の顔。魅力あるページを作成するには、やはりそれなりのノウハウが必要となり、時間もコストもかかります。
  • デザイン
  • コンテンツ
  • セキュリティ
採用ページは必要?
求職者の約7割以上が仕事を探すときに、企業の採用ページをチェックしています。求職者の約7割以上が仕事を探すときに、企業の採用ページをチェックしています。
採用ページがない、情報が更新されていないと、多くの求職者 にアピールする機会を失ってしまうことに…。
解 決
時間短縮効果の目安 1ヶ月→1日
魅力的な採用ページを完全無料で利用可能!
時間短縮効果の目安 1ヶ月→1日
※採用支援ツール「engage」を利用した場合
採用支援ツール「engage」※を利用することで、魅力的な採用ページを完全無料で作成・利用することができます。テンプレートを活用するため、通常1ヵ月以上かかるところ、たった1日で作成・公開することができます。※「engage」は、求人情報サイトを運営するエン・ジャパン株式会社が提供するサービスです。
  • Step1:
    採用ページ作成
    画像やコンテンツを設定し、自社オリジナルの採用ページを作成します。
  • Step2:
    求人ページ作成
    募集したい職種の求人情報(仕事内容や応募資格、給与など)を登録します。
  • Step3:
    ページの公開・非公開
    採用ページそのものや、募集職種ごとの求人ページの公開・非公開の設定を行います。
応募者の情報が
バラバラ!
面接の日程を決めたり、応募者とのやり取りはメールで、進捗管理はExcelでやっています。ひとりの応募者の情報がバラバラになっているので、ぱっと把握できず対応が遅れることもあります。
面接の設定や事後の合否連絡など、応募者への迅速な対応は非常に重要です。いい人材の情報が埋もれてしまったり、連絡ミスで逃してしまわないよう、しっかり管理できる仕組みが必要です。
解 決
時間短縮効果の目安 1時間→5分
応募者ごとに対応状況ややり取りを一括管理!
時間短縮効果の目安 1時間→5分
※応募者1名が応募から採用可否が決まるまでのやり取りの概算時間
  • 応募者の対応状況を一目で管理。
  • 応募者とのメッセージはチャット形式。応募者ごとにやり取りを管理。
  • 面接の設定や合否連絡など煩雑な作業もWEB上で完結。
採用後に多重
入力が発生!
入社が決まると労働者名簿に必要な基本情報から給与計算のための情報、履歴書(紙の書類)など、多くの情報管理業務が発生します。Excelや給与システムで社員情報を多重管理していると、同じ情報を何度も入力しなきゃならなくて、本当に手間です。
社員情報する媒体が多いほど、多重入力の手間や情報の不一致などが起こります。Excelや紙の情報も併せて、一か所にまとめて管理することで大幅に情報管理業務の時間を削減できます。
解 決
時間短縮効果の目安 4時間→1時間
書類もまとめて1ヵ所で一元管理。
採用者データの取込で入力を削減!
時間短縮効果の目安 4時間→1時間
※10名分の社員情報を登録した場合
  • 採用が決まった人の情報をCSVで取り込み。
  • 入社時に入手した従業員の情報をまとめて管理。
  • 紙の書類もスキャンしてPDFファイルに変換してリンク可能。
採用業務以外にも、たくさんの総務業務効率化する方法があります。
馴染みのある業務がたくさんあるぞ
馴染みのある業務がたくさんあるぞ
人に関わる総務業務をシステムで行うことで、業務の「スピード」「正確性」はぐんと上がります。
総務部門の仕事は多岐にわたりますが、その中でも「人(従業員)」に関わる業務は数多く存在します。しかし、多くの企業において、紙やExcelで業務を行っているがゆえに多重入力・多重管理といった非効率が発生しています。
実は総務業務は、システムを活用することで飛躍的に効率化し、日々の業務をもっと楽に、もっと時間短縮することができるんです!
お申し込み頂いた方には具体的な内容を掲載した「採用業務を改善する方法」「人に関わる総務業務を改善する36の方法」をお送りします。
資料請求は
こちら