会社情報

海外現地法人の会計データを奉行とつなげるクラウドサービス 【OMSS+ 海外法人コネクトサービス】を4月24日から発売開始

勘定奉行をはじめとする、基幹業務システムを開発する株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長:和田成史、以下:OBC)は、中国・ASEAN地域へ海外進出している企業の現地会計・財務状況の“かんたん見える化”を実現するクラウドサービス【OMSS+ 海外法人コネクトサービス】を、平成27年4月24日から、OBCの販売パートナーを通じて発売いたします。
本サービスの提供により、平成27年度中に100社の導入を目指します。

■【OMSS+ 海外法人コネクトサービス】提供の背景
新たなビジネスチャンスを求めて日本から海外へ進出する企業が増え続ける一方、日本とは違う経理習慣や税務会計制度に戸惑う企業が多いのも事実です。さらに日本本社は、現地の会計情報を現地から送られてくる報告レポートのみでしか確認を行うことができず、詳細な取引情報をすぐに確認できないのが実状です。そのため、現地会計の詳細を確認するための国際電話や現地への出張などが必要となり、コストが発生してしまうといった課題を抱えています。この状況は、我々の既存顧客においても多く見受けられます。

また、海外進出においては、現地の財務会計情報をスピーディーにキャッチし、その情報をどれだけ現地の経営改善にいかしていくかが勝負となり、国内外の財務会計情報を迅速に把握することが成長の鍵となります。

このような状況のなか、OBCでは、中国・ASEANに進出する企業の支援実績豊富な株式会社ビジネスブレイン太田昭和(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川俊彦、以下:BBS)と協業し、日本の「勘定奉行」で現地の正確な財務会計情報を簡単に把握でき、クラウドの活用により中堅・中小企業でも導入しやすいコストパフォーマンスを兼ね備えた【OMSS+ 海外法人コネクトサービス】を発売いたします。まずは、本契約前に、現地法人の会計情報の“見える化”の実現を検証することができる「スタータキット」を用意しており、現地業務コストの削減などサービス導入による費用対効果を事前に検証することが可能です。

海外進出の成功に必要な「現地化」と「管理体制」を実現する仕組みづくりの構築で、今後さらに進む海外進出を支援するサービスをご提供いたします。

■【OMSS+ 海外法人コネクトサービス】特長
本サービスは、現地会計システムから出力される仕訳明細をクラウド上の【OMSS+ 海外法人コネクトサービス】に取り込むだけで、日本の本社が現地の会計情報を簡単・正確に把握できる環境を提供します。

◆「現地法人の仕訳明細まですべてが見える化」
現地の会計情報をクラウド上にアップロードするだけで、現地会計・財務状況が仕訳明細単位で、いつでも正確に把握することが可能です。現地からのレポートを待つ時間や手間を削減します。

◆「クラウドだから“かんたん”に、低コスト・短期導入を実現」
クラウドを活用することで、グローバルシステムや外部委託では実現できない、低コスト・短期導入を実現します。

◆「“見える化”から“改善”へ。現地法人の経営状況を改善する専門家サポートも充実」
中国ASEAN現地専門化による、現地の経営改善をサポートする追加サービスで、“見える化”から“分かる化”へと導きます。

■【OMSS+ 海外法人コネクトサービス CFO代行サービス】
中国ASEAN現地専門家が、【OMSS+ 海外コネクトサービス】の仕訳明細の情報を基にアドバイスを実施し、現地会計に関する疑問・質問へ対応する追加サービス「CFO代行サービス」をご用意しております。“見える化”から“分かる化”を支援するプログラムとなります。

「CFO代行サービス」では、顧客からの質問にメール・電話で対応する「エントリーサービス」と、現地専門家が毎月顧客会計データにアクセスして仕訳内容を確認し定期的に報告する「定期アドバイスサービス」をご用意しております。

※本サービスは、マイツグループ(中国)・株式会社ビジネスブレイン太田昭和(タイ)がサービスを提供いたします。

■【OMSS+ 海外法人コネクトサービス スタータキット】
現地法人の“見える化”を、6ヶ月間で低額/定額で体感・検証できる「スタータキット」をご用意しております。
本契約前に、現地法人の会計情報の“見える化”の実現を検証することができ、現地業務コストの削減など、サービス導入による費用対効果を事前に検証することが可能です。

価格(税抜)

【OMSS+ 海外法人コネクトサービス】は、OBCの「OMSS+(※)」のサービスとして提供いたします。
(※)「OMSS+」とは、OMSS(OBCメンテナンスサポートサービス・保守サービス)に、さらに顧客が有効なサービスを選択、
   追加ができるサービスです。

◆【OMSS+ 海外法人コネクトサービス】
基本サービス(年額、本社&1法人):996,000円
初期設定価格(初回導入時必須、1法人):150,000円

◆【OMSS+ 海外法人コネクトサービス CFO代行サービス(プロフェッショナルサポート選択)】
エントリーサービス(月額、本社&1法人):50,000円
定期アドバイスサービス(月額、本社&1法人):150,000円

本発表にあたり、協力各社のコメントを頂いております。(順不同)

株式会社ビジネスブレイン太田昭和 代表取締役社長 石川俊彦様
この度、BBSが開発・運営を行う「OMSS+ 海外法人コネクトサービス」をサービス提供することになりました。
株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)と協業のもと、グローバル市場で伍して戦う日系企業様の成功を会計面でご支援致します。タイのBBS(Thailand) Co., Ltd.にて提供します「CFO代行サービス」と合わせて、日本本社様及び海外現地法人様の両面でご満足いただけるサービス提供にOBCと共に努めて参ります。

株式会社マイツ 代表取締役 池田博義様
この度、ビジネスブレイン太田昭和(BBS)と共に、我々中国のお客様の更なる成功を支援するべく、「OMSS+ 海外法人コネクトサービス」及び「CFO代行サービス」を提供させて頂くこととなりました。日本企業のグローバル化と現地化の推進は、海外進出リスクを高める事になりますが、「OMSS+ 海外法人コネクトサービス」と「CFO代行サービス」は、そのリスクを最小限に留めるツールであると自負しています。

用友集団副総裁 上海用友総経理 李宏伟様
用友集団は去年から構造改革を推進し、製品力を更に向上するとともに用友グループのパートナーの新戦略を推進しています。
中国の日系企業の特性を考慮すると、日本企業をよく理解しており、日系のサービス精神を持っている企業でなければ、用友製品の最大力を引き出せないと思っております。用友は、BBS・OBCのような日本のコンサル・ERPベンダー企業が、用友製品をベースとしたサービスの展開をすることを心より歓迎いたします。

金蝶 副総裁 李光学様
金蝶は、【OMSS+ 海外法人コネクトサービス】の提供開始を心より歓迎いたします。金蝶がOBCの勘定奉行と連携することで、クラウド環境にて現地情報を日本本社で見える化され、現状把握・戦略の早期決断等で、中国での日系企業の更なるビジネス拡大に役立てることを期待しています。

●本件に関するお問い合わせ

株式会社オービックビジネスコンサルタント

■記事掲載時のお問い合わせおよび、弊社製品に関する情報
株式会社オービックビジネスコンサルタント 営業本部
電話:03-3342-1880(代)
〒163-6032 東京都新宿区西新宿六丁目8-1 住友不動産新宿オークタワー 32階

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)