会社情報

OBC『給与奉行クラウド』とカオナビがAPI連携を開始
~給与システムの社員情報と人材データの二重管理を解消し、人事・労務担当者の作業効率化を実現~

 奉行クラウドを展開している株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田 成史/本社:東京都新宿区、以下「OBC」)は、OBCが提供する『給与奉行クラウド』と株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役社長 CEO 柳橋 仁機、以下「カオナビ」)が開発・運営するクラウド人材管理システム『カオナビ』がAPI連携を開始したことをお知らせします。

カオナビの人材データと給与奉行クラウドの社員情報データをAPI連携

 人材の効果的な活用を目指す多くの企業が、人材データの活用を進めようとしています。一方で人材情報を管理する「人材データベース」と「給与計算システム」は、それぞれ独立して運用されているため、人材情報のメンテナンスのために、双方の人材情報が二重管理となっているのが一般的です。

 この度の両社のAPI連携では、『給与奉行クラウド』の社員情報と『カオナビ』の人材データベースが双方向で連携することにより、二重管理されていたメンテナンス業務をなくし、総務・人事部門の大幅な業務コストを削減することが可能となります。日々の人材データの活用情報と月次ベースで実行される給与業務の相互の連携がシームレスに行われることで、管理部門の業務時間の削減による働き方改革や、人材情報の活用によるスピード感のある経営環境の提供が可能になります。

【連携イメージ】

給与奉行から「社員情報」を連携

 『給与奉行クラウド』は、クラウドの利点を活かした給与業務を実現します。給与・賞与計算は元より、給与明細データ配信、算定・月変処理・年末調整や電子申請など、オンプレミス業務システムでは実現できなかったタイムリーかつ安全な環境で給与業務を実現することが可能です。データ共有ができる専門家ライセンスが付属するため、社会保険労務士など専門家のアドバイスも受けることができます。

 カオナビと連携できる『給与奉行クラウド API versionは、奉行クラウドのコンセプトである“つながるひろがる”を具体化し、さまざまなクラウドサービスやオンプレミスのシステム、デバイスなど、奉行オープンAPI※を利用してデータ連携することで、業務を自動化し生産性を大幅に向上することができます。
※奉行クラウドの連携のために提供されるAPI=Application Programing Interface

▼『給与奉行クラウド』の詳細はこちら
https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kyuyo/

▼『奉行クラウド API version』の詳細はこちら
https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kyuyo/function/api

 『カオナビ』は、顔写真が並ぶシンプルな画面から一元化された人材情報をクラウド上で簡単に共有できるシステムです。社員の顔や名前、経験、評価、スキル、才能などの人材情報を一元管理して可視化することで、最適な人材配置や抜擢といった人材マネジメント業務をサポート。あらゆる人材マネジメントの課題を解決し、企業の働き方改革を実現するHRテクノロジーサービスとして、業種・業態を問わず約1,500社以上の経営者や現場のマネジメント層に利用されています。

 ▼『カオナビ』の詳細はこちら
https://www.kaonavi.jp/

 OBCは、『カオナビ』との連携により、双方のサービスを利用する企業の生産性の向上と人材マネジメントの活性化に貢献します。尚、当連携にあたり、カオナビは奉行クラウドとのAPI連携を実現する【「奉行クラウドConnect Partner制度」および「奉行クラウドApp Connect」)】に、OBCは『カオナビ コネクテッドパートナープログラム』へ参画し、双方のパートナーシップの強化を図ります。

■奉行クラウドと“つながるひろがる”OBCAPIパートナーシップ
『奉行クラウドConnect Partner制度』

 『奉行クラウドConnect Partner制度』は、奉行クラウドAPIを活用した連携ビジネスを実現する新しいパートナーシップです。このパートナーシップは、奉行シリーズの販売の如何を問わずクラウドサービスやソリューションを持つ法人企業であれば加入でき、奉行クラウドで提供される奉行オープンAPIの技術情報や奉行クラウドとの動作確認環境が提供されます。また、API開発のためのリソースがないパートナー様でもAPI連携できるように、API連携用のプラットフォーム「奉行クラウド App Connect」をご用意しています。このプラットフォーム上に連携コネクタを用意することで、奉行クラウドとAPI連携を開発レスで実現することもできるようになっています。
https://www.obc.co.jp/partner#app

『カオナビ コネクテッドパートナープログラム』について

 『カオナビ コネクテッドパートナープログラム』は、株式会社カオナビが20188月に発表した『人材データプラットフォーム構想』の実現に向け、様々な企業やサービスとの連携・協業を深化させることを目的としたプログラムです。

 HRテクノロジーサービスを提供する企業が垣根を越えて繋がっていくことで、各企業の働き方改革の推進および利便性向上につながると考えています。これらの考えに賛同された企業との連携を深め、より良いサービス提供を目指すべく、本プログラムを発足しています。
https://www.kaonavi.jp/connectedpartner/

株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)について
 OBCは、『勘定奉行クラウド』をはじめとする『奉行クラウド』を主力商品として、お客様のニーズに沿って業務スタイルに変化をもたらす商品をお届けしています。累計63万社を超える奉行シリーズのお客様を中心に、従来のシステムをクラウドに転換する「UP to クラウド」を推進し、深刻な労働力不足を背景として多くの企業にとって喫緊の課題となっている業務生産性を飛躍的に向上させていきます。

所在地     :  東京都新宿区西新宿六丁目8番1号住友不動産新宿オークタワー 32F
設立        :  1980年12月
資本金     :  105億1,900万円
代表者     :  代表取締役社長 和田 成史
事業内容 :ビジネスソリューションテクノロジー及びITソリューションテクノロジーの開発販売、
      プロダクトに対する保守・導入指導等のサービス提供
会社HP   :  https://www.obc.co.jp/

株式会社カオナビについて
 株式会社カオナビは、企業の人材情報をクラウド上で一元管理できる人材マネジメントシステム『カオナビ』を提供しています。社員の顔や名前、経験、評価、スキル、才能などの人材情報を可視化することで、最適な人材配置や抜擢といった人材マネジメントをサポートしています。今後も、人材マネジメントのプラットフォームとして、日本の「働き方」を変えていきたいと考えています。

所在地       東京都港区元赤坂1-2-7 AKASAKA K-TOWER 5F設立          2008527
資本金       101,566万円 ※20193月末時点
代表者       代表取締役社長 CEO 柳橋仁機
事業内容    クラウド人材管理システム『カオナビ』の開発販売・サポート
会社HP     https://corp.kaonavi.jp/

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)