会社情報

建設業会計をクラウド会計システム1つで手間なく行え、
工事ごとの正確な原価をかんたんに見える化できる
『勘定奉行クラウド[建設業編]』10月28日発売

 勘定奉行・奉行クラウドをはじめとする基幹業務システムを開発・販売する株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田 成史/本社:東京都新宿区/以下OBC)は、建設業会計を手間なく行え、正確な工事原価の見える化を実現するクラウド会計システム『勘定奉行クラウド[建設業編]』を1028日から発売いたします。

  建設業にとって、原価管理は安定した企業経営を行うために非常に重要な業務です。一般的な工事原価の管理は各々の工事ごとに原価を集約・管理・報告していますが、それぞれの現場単位の原価把握はできても、企業全体の共通原価を含めた総合的で正確な原価管理を実現するためには、会計システム上で原価管理を実現する必要があります。しかし、従来の会計システムでは、伝票を手入力するしか方法がなかったため、伝票を工事別に細分化して11件入力しなければならず、経理担当にとって膨大な時間と手間がかかるため、実現が難しいという現状がありました。こういった建設業の現状の業務を踏まえ、伝票入力のコストをなくし、現場での原価情報をそのまま活かした上で、正確な建設業の総合的な原価管理を実現できるように開発したのがクラウド会計システム『勘定奉行クラウド[建設業編]』です。

  現場で一般的に利用されている原価管理情報(Excelなどの管理ファイル)を、工事別に細分化されたデジタルデータとして読み取り、かんたんに工事別の原価仕訳に変えることできます。これにより、膨大な入力時間をなくし、正確で総合的な原価の見える化を実現します。また、デジタルデータは、Excelファイルやインターネットバンキングなどと連携し、企業ごとの特徴を学習することで、伝票の精度が高めることも可能です。

  OBCでは、これまで伝票入力の課題から、建設業の総合的な原価管理をあきらめていた中堅・中小企業の経理部門に対し、必要な間接費管理・労務費管理などの多彩な原価管理を可能にし、高いレベルで正確な建設業の原価管理を提供していきます。

【勘定奉行クラウド[建設業編]の3つの特長】

1.工事現場ごとに細分化された仕訳伝票をかんたん自動化

  工事現場別に管理されたExcelファイルを取り込むだけで工事ごとの細分化された仕訳を自動起票できます。起票の元となるデジタルデータがそのまま活用できるため、入力作業がなくなるだけでなく、起票ミスも大幅に削減することができます。

2.建設業特有の間接費配賦・労務費計上・振替も自動で行える

  工事原価を把握するために必要な配賦作業はすべて数クリックで完了できるようになり、手計算・手入力は一切不要になります。また、仕掛工事の振替作業なども自動化でき、建設業特有の業務が格段にラクになります。

3.多彩な原価帳票で工事原価をかんたん見える化

  基本的な工事台帳はもちろん、一覧表・集計表・推移表など豊富な分析資料を用意しており、様々な角度で工事原価の見える化を実現します。今まで見えなかった原価が見えるようになることで、原価の低減や不採算工事の早期把握につなげられます。

【価格例(税抜)】

『勘定奉行クラウド[建設業編]』年間利用料 1ライセンス 270,000円~
※初期費用として別途50,000円(税抜)~が必要です。

▼『勘定奉行クラウド[建設業編]』の詳細はこちら
https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kanjo-kensetsu

 

 

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)