改正電子帳簿保存法 専門家へのお問い合わせ

改正電帳法対応や実際の運用方法など経理のお悩みやご質問に専門家がお答えします!ぜひ、お気軽にご質問ください!

 

ご質問例
・電子帳簿保存法って全て取り組まないとダメですか?
・取引先が紙と電子データの両方を送ってきた場合、どちらを保管すべきですか?
・備品をネットショップで購入した場合、どのように電子取引を保存すればいいですか?
・電子データの保存先の選定ポイントを教えてください。

 

回答者
アクタス税理士法人 代表社員 税理士 加藤 幸人 氏

税理士、公認会計士、社会保険労務士など約190名で構成するアクタスグループの代表を務める。「接客・サービス・コンサル業」であるという考えに基づき、徹底してお客様の立場で考えて、経営的視点でのコンサルティングに取り組む。


※ご注意事項

ご回答までに約1週間程度、時間を要します。猶予2年後に実施される事項については、ご質問の内容によっては回答できない場合はございます。ご了承ください。また、回答内容をもとに運用等を検討される際には、顧問税理士にご確認いただきますようお願いいたします。


フォーム送信完了後、専門家と連携をさせていただき、専任スタッフよりメールにて
回答させていただきます。