従業員モデル。従業員の番号収集から破棄まで対応。さまざまな従業員からの安全かつ効率的な番号取得・保管を実現し、番号利用、提供、破棄まで対応可能なモデルです。

マイナンバー制度対応において

勤務場所・勤務形態・雇用形態に関わらず、すべての従業員から負担なく番号収集し、安全に保管する必要があります。

従業員導入モデルのおススメ企業
  • 01:収集業務においての考慮すべき点
  • 02:管理業務においての考慮すべき点

01:収集業務においての考慮すべき点

従業員からの番号収集
  • さまざまな場所
    複数の拠点、工場や店舗、出向先のように従業員の勤務先は様々です。勤務先が異なる従業員から手間をかけずに番号収集する仕組みを考慮する必要があります。
  • 時間の制約
    日勤や夜勤といった勤務形態が異なる従業員から番号収集するには、時間に制約されない仕組みが必要です。
  • 提出方法の多様性
    正社員、契約社員、パート、アルバイトのように従業員のIT環境やスキルなどは異なります。そのため、多様な提出方法に対応する必要があります。
従業員導入モデルなら...
すべての従業員から負担なく収集が可能
  • どこでも
    スマートフォンやPCを利用して、どこからでも提出が可能です。勤務場所だけでなく、自宅などからも提出できます。
  • いつでも
    クラウドサービスだから、24時間、いつでも提出が可能となり、従業員と担当者の両者が負担なく、提出・収集できるようになります。
  • さまざまな提出方法
    スマートフォンやPCを利用した提出だけでなく、郵送などで収集した場合の代理入力もできるので、すべての従業員から収集可能です。

02:管理業務においての考慮すべき点

個人番号と本人確認書類の管理
  • 保管に関わる業務
    従業員から送られてくる個人番号情報を保管するために、個人番号を転記する業務が発生します。重要な情報なので、正確に転記する必要があります。
  • 安全管理
    収集した個人番号や本人確認書類を漏えい、紛失しないように、安全管理を検討する必要があります。
  • 取扱履歴の記録作業
    個人番号の取得、本人確認、保管、利用、廃棄といった、すべての取扱履歴を継続的に記録し続ける必要があります。
従業員導入モデルなら...
すべての従業員から負担なく収集が可能
  • 漏れなく、正確に
    提出された個人番号情報は漏れなくクラウド上に保管されます。これにより、正確に保管され、転記作業が不要となります。
  • 強固なセキュリティ
    提出された番号情報は、強固なセキュリティが施されたクラウド上に保管され、漏えい、紛失などのリスク低減します。
  • 取扱履歴の自動記録
    個人番号の取得から廃棄まで、個人番号に関する全ての取扱履歴を自動記録します。これにより、記録の手間はかかりません。

従業員導入モデルのサービス組み合わせ

OMSS+ マイナンバー収集・保管サービス+お使いの給与システム
給与システムが給与奉行i8ならばサービスとの自動連携により、リスク・業務の両面においてさらに運用効率が向上!

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)