勤怠管理の業務時間とコスト
削減効果
シミュレーション!

現在、紙やExcelで勤怠管理を行っている「社員数」と「毎月作成している資料数」を入力いただくだけで、
業務時間とコストの削減効果をご確認いただけます。

従業員数を入力してください※10名単位
毎月作成している資料数を入力してください

業務時間

紙・Excelでの業務
0時間(0日)
システムでの業務
0
0時間0

コスト

紙・Excelでの業務(人件費)
0
(時給2,000円換算)
システムでの業務(利用料)
0
0
[紙・Excelでの業務の内訳] システム化によって以下の業務時間が削減されます。
業務内容 所要時間 従業員数/資料数 作業時間
入力計算業務   タイムカードや出勤簿の収集 1(分) 0(人) 0分
勤怠届の収集と催促 1(分) 0(人) 0分
社員別にExcelへ転記 3(分) 0(人) 0分
残業計算の検算・修正 2(分) 0(人) 0分
割増率ごとの時間数集計 2(分) 0(人) 0分
有給残日数の集計と検算 2(分) 0(人) 0分
資料作成業務   勤怠データの加工・作表 5(分) 0(帳票) 0分
管理資料の印刷 2(分) 0(帳票) 0分
部門長や上司への報告 2(分) 0(帳票) 0分
管理資料のファイリング 1(分) 0(帳票) 0分
合計 年間0時間

(1日8時間労働換算)
※上記時間数・金額はOBCの調査結果に基づいて算出しています。

勤怠管理サービス

Excel管理の課題はクラウド勤怠管理で解決できます。
業務の効率化から、環境変化対応、リスクマネジメントなど、管理者も従業員も使いやすいシステムをご紹介しています。

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)