会社情報

OBC が、あらゆる総務人事業務をアシストする『総務人事奉行クラウド』を10月31日に発売。
多岐にわたる業務を担う総務人事部門をクラウドでアシストし、生産性を向上

 勘定奉行・奉行クラウドをはじめとする基幹業務システムを開発・販売する株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田 成史/本社:東京都新宿区)は、『奉行クラウド』の新たなラインアップとして、『総務人事奉行クラウド』を1031日より発売いたします。

 従来の人事業務を担う『人事奉行』からさらに総務業務へと対応の幅を拡げ、あらゆる総務・人事・労務業務をアシストする『総務人事奉行クラウド』へと生まれ変わりました。総務人事部門に数多く存在する“紙やExcelで行っている定型化されていない業務”を、クラウドで定型化することで総務人事業務の生産性を大幅に向上します。今後は、ベストプラクティスとなる「業務シナリオ」のテンプレートをご利用のお客様に継続的に提供し、最大120の「業務シナリオ」によって、業務をカンタンに定型化できるようになる予定です。さらに、APIであらゆるHR Techサービスと連携することで、人材確保や育成強化など、企業の喫緊の経営課題を支援します。『総務人事奉行クラウド』は、これからの日本の総務人事部門を支える業務アシスタントとして成長を続けていくサービスです。

開発の背景

 労働人口が減少する中、働き方改革によって従業員11人の働く時間が減少し、企業の人手不足は深刻な経営課題となっています。そのため、人材確保のための「採用強化」や、人材活用のための「人材配置・育成」への取り組みが企業の急務となっています。しかし一方で、それを行うべき総務人事部門は、改正労働基準法や働き方の多様化に伴って増えた業務の対応に追われてそこまで手が回らない上、総務人事部門に人を増やすのは難しいという現状があります。

<総務人事における企業の経営課題>
「人材確保・育成の強化」と「総務人事の業務対応」とのギャップ

 

 この2つの課題への対応は対照的であり、「人材確保・育成強化」については、急成長しているHR Techサービスが多数市場に出てきている一方、「総務人事の業務対応」については、具体的な解決策が出てきていません。
 また、膨大な業務量にもかかわらず、人手不足が進むことにより、将来「1人総務時代」が訪れる可能性も示唆されており、総務人事の課題はますます顕在化していくと考えられます。OBCでは、このような企業の経営課題に対応するため、あらゆる総務人事業務をアシストする
『総務人事奉行クラウド』を発売します。

主な特長

---------------------------------------------------------------------------------------------
非定型業務を定型化し、総務人事業務をアシスト
---------------------------------------------------------------------------------------------
総務人事部門は、多岐にわたる業務を担う上、紙やExcelで行われている「定型化されていない(非定型)」業務が数多く存在しています。『総務人事奉行クラウド』は、これらの非定型業務をクラウドで定型化することで、業務の生産性を飛躍的に向上します。

1. 総務人事業務を定型化し、生産性を向上
紙やExcelで行っている業務をクラウドで定型化することで、業務の生産性を向上します。

業務をアシスト

2. クラウドならではの“継続的な対応業務の拡張”を予定
今後は、企業独自の規定やルール、業務手順で設計でき
「業務シナリオ」を提供する予定です。これにより、紙やExcelで行われている業務を『総務人事奉行』で簡単に定型化し、スムーズに処理できるようになります。
また、『総務人事奉行』では、ベストプラクティスとなる業務シナリオのテンプレートを、ご利用いただいているお客様に順次提供してまいります。業務シナリオは、最大120種類まで拡張する予定となっており、クラウドならではの継続的な成長と将来にわたる生産性向上をお約束します。

120種類の業務シナリオ

---------------------------------------------------------------------------------------------
あらゆるHR Techサービスとつながり、人に関わる経営課題の解決をサポート
---------------------------------------------------------------------------------------------

APIを利用※してあらゆるHR Techサービスとつながることで、企業の経営課題である人材確保や育成強化を支援します。
APIを利用する場合は、『総務人事奉行クラウド API version(提供予定)』が必要となります。

HR Techサービスとの連携

価格例(税抜)

総務人事奉行クラウド iAシステム 1ライセンス  年間利用料 120,000円~
[組織管理、社員管理、人事異動、規定文書、管理帳票]
※初期費用として別途50,000円(税抜)が必要です。

▼『総務人事奉行クラウド』の詳細はこちら
https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/jinji/

OBCの「奉行クラウドフォーラム」全国で開催

『総務人事奉行クラウド』は、2019年11月から全国で開催する「奉行クラウドフォーラム」でご紹介します。ぜひ最寄りの会場にご来場ください。 
▼東京・大阪・名古屋会場はこちら
https://www2.obc.co.jp/f2019/
▼東京・大阪・名古屋以外の会場はこちら
https://www.obc.co.jp/caravan-f2019

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)