RPA×奉行とは!?

RPA×奉行とは何か!?わかりやすくご紹介します。

企業が抱えるRPAの疑問と不安

現在、2019年4月より施行された働き方改革関連法による長時間労働是正と、少子高齢化に伴う生産労働人口の減少が大きな課題となっており、あらゆる企業で働き方改革・生産性向上への取り組みが急務となっています。こうした状況の中、労働時間の短縮と人材不足を補う救世主としてRPA(Robotic Process Automation)の活用が注目を集めています。
しかし、実態は、RPAに関してわからないことや不安をお持ちの方が多く、RPAの活用になかなか踏み切れない企業が多い状況です。
例えば以下のような内容です。

  1. ・RPAには期待しているが、ツールの情報ではなく運用方法を知りたい。
  2. ・RPAを導入してみたいが、効果がでるのか?うまくいくのか?不安がある。
  3. ・導入コストばかり高くなってしまわないか?不安がある。

このような実態から、RPAを使って確実に生産性を向上するためには、ツールやコストに目を向ける前に、「一体、どんな業務にRPAをどのように使うと、実現性があり効果が高いのか」をまず知ることが必要です。
そこでOBCでは、63万社を超える基幹業務パッケージ「奉行シリーズ」の導入企業と、全国約3,000社の導入パートナーよりRPAのユースケースを集め、「RPA×奉行」として、RPAの賢い使い方をご提供いたします。日本で最も多く利用されているパッケージシステムのRPA活用だからこそ、実現性と効果性の高い使い方をご覧いただけますので、ぜひ、企業の働き方改革や生産性向上への取り組みに活用してください。

※2019中堅・中規模企業向けERP導入シェアNo.1
 (クラウド&リソース拡充で刷新図る「基幹業務パッケージソフトの市場展望2019年度版」ミック経済研究所調べ)

RPAの賢い使い方を提供する「RPA×奉行」の特長

「RPA×奉行」の目的は、RPAの賢い使い方を提供し、企業の働き方改革や生産性向上の推進を支援することです。
「RPA×奉行」の特長は4つです。

  1. ①奉行シリーズ(パッケージシステム)だから実現できる、RPAの業務上の運用方法と使い方がわかります。
  2. ②奉行シリーズ導入顧客の実際のユースケースを元に実現した、実用性・効果性の高いRPAの運用方法をお客様に提供します。
    運用方法は、主に2つのコンテンツでご紹介します。
    1. 1.業務別自動化:業務を自動化しやすく、効果が極めて高いRPA活用例を紹介
    2. 2.奉行別自動化:奉行シリーズのRPA活用例を動画で紹介
  3. ③多くのお客様での高い効果と実績を持つ、パートナーをご紹介します。
  4. ④詳細なケーススタディとして、西部ガス情報システム様の事例による、RPA活用の成功ノウハウを共有いたします。
    (導入方法と効果、導入の勘所など)

「RPA×奉行」では、今後もさまざまなユースケースを集め、RPA活用が効果的な業務や使い方・成功事例の情報を本サイトにアップデートしてまいりますので、ぜひご期待ください。




「西部ガス情報システム株式会社様」
RPA活用“成功の秘訣”無料ダウンロード

西部ガス情報システム株式会社様のインタビュー記事では”未公開”の「事前準備」や「押さえておきたいポイント」をご覧いただけます。

事例ダウンロード

奉行製品の導入やRPAの活用法の
お問い合わせ・ご相談

奉行クラウド・奉行10シリーズのデモ申込やRPA提案・
導入支援パートナーのご紹介など、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせ・ご相談