<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=362401971885638&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

目の前にある業務の時間削減で
働き方改革を実現!

現実的な働き方改革の考え方や
取り組み手法を詳しく解説

資料ダウンロード

働き方改革の目的は生産性向上です。
奉行流働き方改革は、生産性向上を4つの視点から実現できます

「働き方改革になかなか取り組めない、取り組んでいるがうまくいかない」といった声をよく耳にします。現場に無理が生じない自社でもできる現実的な働き方改革に取り組むことが必要です。「奉行流 働き方改革」は、目の前にある業務を削減することに着目し、4つの視点で生産性向上を実現します。

「奉行流 働き方改革」の生産性向上の考え方

「奉行流 働き方改革」は、総労働時間のうち、成果が固定的な業務である「固定業務」にかかる時間をITを活用して削減します。削減した時間を成果につながる業務に活用することで生産性向上を実現します。例えば入力や資料作成などの固定業務は、定期性や繰り返し性が高く、その業務時間を減らしても得られる成果が変わらないため、システム化するだけで高い時間削減効果を得ることができます。

【働き方改革の公式】生産性=成果/総労働時間 固定時間の削減が生産性向上のカギ!「固定業務」にかかる時間を削減することで、増えた時間を「変動業務」にあてることができます。

奉行流働き方改革取り組みモデルガイドブック

4つの視点と時間削減効果の高い取り組み手法をまとめた
「奉行流働き方改革 取り組みモデルガイドブック」はこちら

資料ダウンロード