テレ経理・テレ総務は奉行クラウド経理・総務だってテレワークできる!無理なく、安心して実践でき、生産性があがる!

テレ経理・テレ総務は奉行クラウド

税理士・社会保険労務士が解説!
経理・販売管理業務、総務業務の在宅勤務 / テレワーク実践ガイド

資料ダウンロード

在宅勤務 / テレワークは、
これからスタンダードな働き方に。

いつでも切り替えができる業務環境を整えることが重要!

新型コロナウイルスをきっかけに、多くの企業で「在宅勤務/テレワーク」の導入が検討され、企業における働き方は大きく変化しました。緊急事態宣言以降、一旦は落ち着きを取り戻し、経済も動きを見せています。しかし、第二波、第三波の新型コロナウイルス感染拡大の可能性も考えられるため、企業として緊急事態にしっかり備え、業務を止めない環境の構築を考えなければなりません。
また、新型コロナウイルスに限らず、地震等の自然災害がいつ発生しても、事業を継続できるように、いつでも在宅勤務/テレワークに切り替えられる体制を整えておくことが求められます。

中小企業のお客様へ在宅勤務 / テレワーク導入や
ペーパレス化を積極的に支援している

税理士・社会保険労務士が
徹底解説!

アクタス税理士法人 税理士
加藤 幸人 氏
アクタス社会保険労務士法人
特定社会保険労務士

松澤 隆志 氏

テレ経理・テレ総務を「やりたくてもできない」
3つの数字が表すテレワークの実態

企業として、在宅勤務/テレワークを推奨しているところはあるものの、
経理・販売管理業務、総務業務はテレワークで「やりたくてもできない」実態があります。

53%

テレワークを
推奨している企業

62%

テレワークを
実施できていない

62%

現在の業務をテレワークに
移行できる割合が
半分以下
の人

※2020年4月27日〜5月1日実施 奉行シリーズご利用のお客様対象「テレワークに関する実態調査」 OBCアンケート調べ

在宅勤務/テレワークの
障壁は、ズバリこれ!

テレワークがなかなか進まない理由に、古くからの慣習である
「紙」「FAX」「ハンコ」「電話」に依存する業務と「業務ルール」
「セキュリティ」の問題がみえてきました。

出社を余儀なくされる業務

紙

郵送で届く請求書や手渡しされる領収書、毎月の給与明細書など、経理や総務人事業務には、紙による業務があふれており、処理するために会社に行かざるを得ない。

FAX

注文書がFAXで流れてきたり、納期回答のFAXをしていたり…。担当者の自宅にFAXがないため、出社を余儀なくされている。

ハンコ

日本に古くから残るハンコ文化。請求書や注文書、社内の申請書類など、必要かどうかもわからないまま、ハンコを押すために出社している。

電話

経理や総務には、取引先や従業員から問い合わせの電話がデスクにかかってくる。電話対応のために会社にいなければならない。

“業務ルール”を決める

在宅勤務/テレワーク導入は初めての取り組みのため、最低限、どんな業務ルールを決めておけば始められる(始めていい)のかがわからない。

“セキュリティ”対策

会社の機密情報を自宅に持ち帰っていいのか、情報漏洩対策はどうすればいいのかなど、セキュリティをどう考えてルールを決めればいいのかがわからない。

「テレ経理」「テレ総務」実現のためのポイント

「紙」「FAX」「ハンコ」「電話」の4大障壁と同時に
業務ルールの作成、セキュリティ対策も考える必要があります。

  • 紙、FAX、ハンコ、電話業務において、できるところからデジタル化を進めましょう。
  • 完璧を目指さず、テレワークに必要な最低限のルールを決めましょう。
  • リスクを考慮し、安全にテレワークができる環境と安全管理のルールを決めましょう。

在宅勤務/テレワークは奉行クラウド

奉行クラウドなら、在宅勤務/テレワーク
無理なく、安心して実践でき、生産性あがります。

無理なく

段階的に
業務のデジタル化を
進められます

安心

世界トップレベルの
セキュリティで、
安心の業務環境が
手に入ります

生産性があがる

今までより
生産性が高い業務を
実現できます

経理・総務のテレワークを確実に実現
テレ経理テレ総務

経理や総務のテレワークの実現は難しいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
「自社には難しい」、「規程を完璧に作ってからでないと実施できない」と難しく考えず、最低限のルールを決めたら、まずはできることから始めましょう。
経理・販売管理業務、総務業務の具体的なテレワーク実現のポイントと手法をご紹介します。

テレ経理

テレワークで経理・販売管理業務を実現するために必要なことや業務ルール設計の勘所をご紹介

  • 「テレ経理」を阻む障壁とは?
  • 「テレ経理」を実現するために必要なこと
  • 奉行クラウドで実現する「テレ経理」
  • テレワーク導入のための
    「業務ルール設計」の勘所
詳しく見る

テレ総務

テレワークで総務業務を実現するために必要なことや人事労務管理の実践ポイントをご紹介

  • 「テレ総務」を阻む障壁とは?
  • 「テレ総務」を実現するために必要なこと
  • 奉行クラウドで実現する「テレ総務」
  • これからの時代に企業がなすべき
    人事労務管理の実践ポイント
詳しく見る

実際のシステムを見たいなど
テレ経理・テレ総務に関するご相談

実際の運用イメージをデモで見てみたい
環境やセキュリティについて詳しく聴きたい
業務のデジタル化について相談したい
在宅勤務/テレワークの勤怠管理はどうすれば?

Webご相談窓口

お問い合わせ・ご相談

お電話ご相談窓口

0120-121-250
10:00〜12:00/13:00〜17:00 (月曜日〜金曜日、弊社指定休業日を除く)