経理・総務部門向け奉行クラウドで実現!
在宅勤務 テレワーク 突然の在宅勤務・テレワークに今すぐ対応できる

経理・総務部門の在宅勤務の実現が重要です

OBCでは、企業内でもとりわけ、少数精鋭で運用されている「経理・総務部門」の在宅勤務を可能とする
環境構築が急務であると考えています。他に代わりがない「経理・総務部門」のためのクラウドを活用した在宅勤務の緊急対策として
すべての企業で実現できる“かんたん”業務対策をご紹介します。

 

こんな企業におすすめです

  • 自宅待機状態だと業務が止まってしまう
  • 将来のテレワークにも備えたい
  • 月末の業務だけでも在宅で対応できるようにしたい
  • 在宅業務でどこまで業務ができるのか知りたい
  • 緊急対策として在宅業務できる方法を用意したい
  • かんたんに在宅業務できるよう手段がほしい

おすすめする理由を

在宅勤務/テレワーク
奉行クラウド活用ガイドでチェック!!

無料ダウンロードはコチラ
 

経理・総務部門の在宅勤務を可能とする為に。

押さえるべき5つのポイント

経理・総務部門の専門性のある業務の在宅勤務を実現するには、
会社と同等の業務を問題なく行うことができる
環境の準備が必要となります。社員との書類の受け渡しや、役所への申請、
専門家とのやり取りなどへの対応が必要となります。

  • POINT1

    会社と同様の業務が
    ストレスなくできる

  • POINT2

    自宅のネットワークから
    会社のソフトウェアや
    システムを使える

  • POINT3

    リスクを回避できる
    セキュリティ対策

  • POINT4

    会計や人事などの
    データを扱える

  • POINT5

    従業員同士の
    連絡手段の確保

  • 業務システムを
    使った業務が滞りなく
    在宅で行える環境を
    どのように準備
    できるかが大切です

押さえるべき5つのポイントを

在宅勤務/テレワーク
奉行クラウド活用ガイドでチェック!!

無料ダウンロードはコチラ
 

突然の経理・総務担当者の在宅勤務にも即座に対応できる

奉行クラウドを活用した在宅勤務

奉行クラウドは、Microsoft Azureを採用した世界最高水準のセキュリティ対策と
Windowsプログラムを採用した抜群のスピードを両立したクラウドサービスです。
経理・総務部門の高い業務レベルを抜群の操作性とスピードで在宅環境/テレワークでご利用いただけます。

  • 器材

    Windows10が
    搭載されたPCが
    あれば、特別な機材は
    必要ありません

  • 環境

    ネットワーク環境があれば、
    いつでもどこでも使えます。
    特別なソフトウェアや
    サーバーは必要ありません。

  • セキュリティ

    世界トップレベルの
    セキュリティを誇る
    マイクロソフト社「Microsoft Azure」で
    管理・運用し、お客様の大切な
    データを守ります。

  • 生産性

    社内とまったく同じ
    操作性を実現できます。
    Webブラウザ等は不要です。

  • データ共有

    データはクラウド環境を利用して
    管理されているため、
    データをリアルタイムに
    共有することができます。

  • データ移管

    別システムのCSVファイルの
    受け取りや奉行シリーズの
    お客様であれば、
    データコンバートによって、
    かんたんに移管することが可能です。

奉行シリーズをご利用中なら、奉行クラウドにすることで在宅勤務の環境を整えることができます

奉行クラウドの対応力も

在宅勤務/テレワーク
奉行クラウド活用ガイドでチェック!!

無料ダウンロードはコチラ
 

もしもの時にも安心できる

部門ごとの課題への対応

在宅勤務が可能となっても、部門ごとの業務に対応できないと意味がありません。
奉行クラウドなら部門ごとの課題にもしっかり対応できます。

経理部門の在宅勤務課題 

課題

  • 領収書などの原始証憑(紙)がないと仕訳入力できない
  • 伝票がないと承認ができない
  • 税理士への相談や確認依頼はどうすれば・・・

対策

  • 領収書をデータ化して、見ながら入力できます
  • 伝票は承認画面でかんたんに承認できます
  • 税理士とリアルタイムでデータを共有できます

総務部門の在宅勤務課題 

課題

  • 個人情報の漏洩が発生しないか不安
  • 専門的な相談をしたいときに、頼れる人がいない
  • 環境が整っておらず、給与明細などの発行ができない

対策

  • 強固なセキュリティ環境で情報漏洩の心配は不要です
  • 専門家とつながることで困ったときに即相談できます
  • 給与明細の電子配信でプリンタなどの環境は要りません

営業・業務部門の在宅勤務課題 

課題

  • 取引先の注文を処理したい
  • 営業が在宅中に取引状況をみたい
  • 納期回答など、注文の状況を調べたい

対策

  • サーバー不要で複数名ですぐに運用できます
  • 受注入力や集計など在宅環境で可能です
  • 伝票や状況はリアルタイムで確認できます

経理と総務の在宅イメージを詳しく

在宅勤務/テレワーク
奉行クラウド活用ガイドでチェック!!

無料ダウンロードはコチラ

経理・総務部門のQ&A

奉行クラウドを利用するのに最短でどのぐらいかかりますか? 
お申し込みをいただいて、最短2日で
システムをご利用いただけるようになります。
在宅勤務者にパソコンを支給していないのですが、
個人のパソコンでも利用することはできますか? 
Windows10がインストールされたパソコンで、インターネット接続できる環境があればご利用いただけます。
奉行クラウドの設定作業は簡単ですか? 
クラウドなのでかんたんです。操作方法や自社に合わせた運用方法などについて質問や相談があれば、サポートセンターをご利用いただけます。
経理業務を行う上で原票・証憑など、紙を見ながら業務をすることはできますか? 
勘定奉行クラウドでは原票をスキャナで取り込んで、
画像データを見ながら入力をいただくことができます。
在宅勤務を始める上で、就業規則や労使で
取り交わしをしなければならない事項はありますか? 
今回のような緊急事態の場合は、特に必要はないと思います。
本来はテレワークに関する費用負担は、就業規則の別規程として、テレワーク勤務規程を作成し、その中で明示する必要があります。しかし、テレワークトライアル時には特に規定を設けずに実践する企業も多く、今回の事態をトライアルと考えれば、今回は必要ないと考えます。
勤怠などの最低限の管理レベルはどのように考えればよいですか? 
多くの企業で実施している勤怠管理方法は、業務開始時にテレワーク開始メールを送り、業務終了時に終了メールを送るというものです。これなら、すぐにでも対応できると思いますので、実施をお勧めします。
 

「在宅勤務」「時差出勤」勤怠管理お困りではありませんか?


企業に合った
在宅勤務時差勤務
勤怠管理が実現できます

在宅勤務

打刻orみなしの
労働時間管理が可能

図:スマートフォンで出勤退勤管理

在宅勤務中の従業員と常に連絡がとれ、通常の労働時間管理をしたい場合は、パソコンやスマホを使ったWeb打刻で従業員の勤務状況を確認できます。従業員とこまめに連絡がとれない場合は、みなしの出勤・退勤時刻を設定することで、企業が決めた労働時間が自動計算されます。

時差勤務

自己判断や上長承認
などの運用を実現

図:勤務実績申請「OBC太郎 3月1日時差出勤を承認しますか?」

従業員が日ごとに時差勤務の利用を決定する場合は、時差勤務の勤務体系を当日に選択するか、事前に申請するかを選ぶことが出来ます。また、部門単位などで時差勤務のスケジュールが決定する場合は、管理者が予めスケジュールを登録しておくことが可能です。

実際のシステムを見たいなど
在宅勤務に関するご相談

実際の運用イメージをデモで見てみたい
環境やセキュリティについて詳しく聴きたい
在宅時の業務内容について相談したい
在宅勤務/テレワークの勤怠管理はどうすれば?
0120-121-250
10:00〜12:00/13:00〜17:00 (月曜日〜金曜日、弊社指定休業日を除く)

経理・総務の在宅をお考えなら

在宅勤務/テレワーク
奉行クラウド活用ガイドでチェック!!

無料ダウンロードはコチラ