• 会計ソフト/システムならOBC
  • 電子帳簿保存法
    徹底対策サイト

コロナ禍でデジタル化が社会変化として起こる中はじまった改正電子帳簿保存法(以下、改正電帳法)。さらに、2021年12月に猶予2年という宥恕措置が設けられることとなり、多くの企業から混乱の声を聞きます。OBCは、このような状況の中、どのように改正電帳法に備えていくべきなのかご紹介し、対応に取り組む経理部門の皆様を応援します。

お知らせ
2022/04/28 Q&Aページを公開しました。
2022/04/21 システム対策を理解できるページを公開しました。
2022/04/18 実務対策を理解できるページを公開しました。
2022/04/12 制度改正を理解できるページを公開しました。
2022/04/01 電子帳簿保存法 徹底対策サイトを公開しました

猶予2年を賢く活用して
改正電帳法に対応しましょう!

猶予2年の期間は保存要件を満たした状態で電子取引を保管する必要はありません。
経理部門における本来の目的は「電子化・ペーパーレス化によるコスト削減・生産性向上」なので、
猶予2年を活用してまずは積極的に電子データを保管することにトライしましょう。

このページの監修者紹介

アクタス税理士法人
のHPはこちら
【監修】
アクタス税理士法人 代表社員/税理士 加藤 幸人
税理士、公認会計士、社会保険労務士、システムコンサルタントなど約190 名で構成する会計事務所グループの代表を務める。税務・会計のコンサルティングをメインに、業務改善や経営改善の指導にも積極的に取り組んでいる。「税理士は、接客・サービス・コンサル業」であるという考え にもとづき、お客様の立場で徹底的に問題を考えて、お客様本位、経営的視点でのコンサル提供を心がけている。経理や税務のセミナー講師も数多く行っており、特に消費税セミナーにおいてはわかりやすい講義で好評を博している。

電子帳簿保存法に関する有益な情報をお届けします!

今後電子帳簿保存法に関するイベント情報やコンテンツが更新されましたら
メールでご連絡いたします!この機会に是非ご登録ください。


新規CTA