• 会計ソフト/システムならOBC
  • 電子帳簿保存法
    徹底対策サイト

専門家がみんなの疑問を解決!
Q&A

  • 2022/4/1 カテゴリに1件、カテゴリ2に2件質問が追加されました
  • 2022/4/1 カテゴリに1件、カテゴリ2に2件質問が追加されました
  • 2022/4/1 カテゴリに1件、カテゴリ2に2件質問が追加されました

Q&Aでは疑問を解決したり、専門家に質問することができます

よくある質問や、リクエストのあった質問を見る

気になる電帳法対応に関するあれこれを専門家が回答。改正対応や実際の運用など経理の疑問や不安を解消します。
※回答を見るにはメルマガ登録が必要です。

回答を見るには、メルマガ登録が必要です

メールアドレスを入力

Q&A例

  • 猶予2年でまず何からはじめていけばよいでしょうか

    経理のみなさんの業務に一番影響がある、請求書や領収書の電子保存から進めましょう。そうすると従業員のワークフロー等の整備につながり、会社全体のDXを加速します。とにかく2年間でできるだけDXを加速させてください!

  • ぶっちゃけ、猶予2年以内にやる必要がないことの例を教えてください

    保存要件に基づき電子取引を保管することは不要です。見積書の保管やインターネットバンキングをスナップショットで保管するなど、経理担当者への影響が低く、電子保管による効果が薄いものは、ひとまず後回しにしてもいいのではないでしょうか。

専門家に悩みや疑問を質問する

1、専門家質問フォームより質問事項と必須事項を入力
2、専門家が回答します
※質問数や内容によってお時間がかかることもあります
3、メールアドレスに質問の更新通知が届きます

専門家に質問をする

専門家ご紹介

  • アクタス税理士法人
    のHPはこちら
  • 【監修】アクタス税理士法人 代表社員/税理士 加藤 幸人
    税理士、公認会計士、社会保険労務士、システムコンサルタントなど約190 名で構成する会計事務所グループの代表を務める。税務・会計のコンサルティングをメインに、業務改善や経営改善の指導にも積極的に取り組んでいる。「税理士は、接客・サービス・コンサル業」であるという考え にもとづき、お客様の立場で徹底的に問題を考えて、お客様本位、経営的視点でのコンサル提供を心がけている。経理や税務のセミナー講師も数多く行っており、特に消費税セミナーにおいてはわかりやすい講義で好評を博している。


新規CTA