給与奉行クラウドで実現する

総務人事業務デジタル業務スタイル・事例

 

総務人事業務は従業員とのやり取りをいかにスムーズに行うか?
効果の高い5つのデジタル業務スタイル

今までより楽に給与明細配付自動化
今までより楽に年末調整プロセス削減
今までより楽に社会保険手続き電子化
できないことができるようになる専門家連携体制強化
できないことができるようになる給与情報分散入力

ポイントは「明細配付作業」をなくす5時間 → 0

給与明細の印刷・封入作業を2人で分担して毎月3.5時間かけていた時間がゼロになりました。1人は給与明細に従事することがなくなったので、非常に助かっています

従来の業務スタイル
給与奉行クラウド デジタル業務スタイル

4分で体感!給与明細配付自動化スタイル

ポイントは「申告書回収」と「法定調書提出」のプロセス短縮39時間 → 8時間

年末調整申告書の回収・チェック作業という一連の業務に50時間かけていましたが、25時間と半分になり、他の業務に時間をさけるようになり、業務担当も5名から3名で行え、従業員数が増え続けている中でこのような体制で行えているのは驚きです。

従来の業務スタイル
給与奉行クラウド デジタル業務スタイル

5分で体感!年末調整プロセス削減スタイル

ポイントは「磁気媒体での提出」と「改訂通知書の手渡し」をなくす8時間25分 → 40

届出書類の提出と改訂通知書の交付を電子化することで、社会保険手続きにかかる時間が最小限になり、社会保険手続き期間でも日常業務を計画的に行えるようになりました。

従来の業務スタイル
給与奉行クラウド デジタル業務スタイル

4分で体感!社会保険手続き電子化スタイル

ポイントは「専門家とのやりとり削減」と「リスク対策の実現」50分 → 0

人手不足が深刻化する中、社内だけで給与計算が法的に適正にできているかをチェックするのは困難と言えます。クラウドにすることで、専門家による計算結果のチェックやコンプライアンス上の課題に対する改善提案が受けられるため、給与リスクを最小限にできます。

従来の業務スタイル
給与奉行クラウド デジタル業務スタイル

業務効率とリスク対策の両立!専門家連携強化スタイル

ポイントは給与計算前の「情報収集」と「情報転記」を削減7時間20分 → 1時間

クラウドにするだけで、どこからでも情報入力できるようになるため、入力業務を分散させることができ、給与計算前の情報収集や転記作業がなくなり、給与計算に早くとりかかれます。

従来の業務スタイル
給与奉行クラウド デジタル業務スタイル

拠点、自宅でも業務分散対応!給与情報入力分散スタイル

削減効果を確認できるExcelファイル無料ダウンロード提供中! ダウンロードはこちら

給与奉行クラウドを導入したお客様の声

utc_hr01

法令改正対応の不安解消と給与明細の配付作業がゼロに

株式会社アクワイア様

  • 51~100名
  • ゲーム開発業
事例記事を読む
ジー・オー・ピー株式会社様

企業、従業員、専門家同士がつながり、すべてのやりとりのデジタル化に成功

ジー・オー・ピー株式会社様

  • 51~100名
  • 製造業
事例記事を読む

お電話でのお問い合わせ

10:00〜12:00 / 13:00〜17:00
土曜・日曜・祝日・当社休業日を除く