消費税改正対応について

バージョンアップで
消費税改正に対応しましょう!

対応プログラム
で安心!

今後の消費税動向
2019年10月の改正対応だけでなく、
今後断続的に対応が必要になります

消費税の動向

今の製品のまま
消費税改正対応を迎えると…

軽減税率、新税率が選択できず
「伝票起票」、「帳簿入力」、「請求書・納品書発行」、「仕訳データ作成・受入」、「消費税申告書作成」などあらゆる業務に影響が発生します。

の場合
  • 新税率10%や軽減税率8%の伝票起票ができない。
  • 新様式の消費税申告書に対応できない
の場合
  • 今後発行が必要な新様式の請求書(区分記載請求書・適格請求書)に対応できない
  • 新税率10%や軽減税率8%での売上計上ができない

正しい金額で消費税の申告を行うことができなくなり、
企業に大きな影響を及ぼします!

これらのリスクは
バージョンアップで全て解決!

最新の奉行10シリーズは、新しい仕組みである「OMSS Long Lifecycle Support」によって、
2019年10月の消費税10%・軽減税率対応はもちろん、今後断続的な消費税改正にも対応し、お客様はずっと安心してご利用いただけます。

  1. Point 1
    税率自動判定

    仕訳伝票を起票するあらゆる
    シーンで起票ミスを防ぎます

    仕訳伝票の登録・修正、外部システムからのデータ受入れ時など、様々なシーンで施行日を基準に消費税率を自動判定し、消費税の計上ミスを防ぎます。

  2. Point 2
    軽減税率対応

    軽減税率に関わる仕訳を迷わず起票でき、チェック作業も効率化します

    勘定科目や補助科目ごとに税率種別を初期表示し、さらに混在する複数の税率をスムーズにチェックする機能も搭載します。

  3. Point 3
    帳票出力・
    インボイス対応

    帳票の税率表示でチェックを効率化。免税事業者からの課税仕入の別管理にも対応できます

    元帳や仕訳リストでは、消費税率を出力でき、効率良くチェックを行えます。また、課税事業者と免税事業者の区分けした管理も可能です。

    • ※適格請求書等(インボイス)保存方式は、2023年10月1日施行予定です。

複雑な業務にも正確かつ効率的に対応できる様々な機能によって、
安心してお使い頂けます。
今すぐバージョンアップをお願い致します!