働き方改革関連法。対策は進んでいますか?

働き方改革関連法への対応と対策

4月から施行される「働き方改革関連法」。
主要な法令への対応は義務化され、
また未達時の
罰則も定められている
ため、すべての企業に早めの
実務対策が
求められています。

まだ間に合う

SCROLL

対策のポイントを押さえれば、
最短・最速での実務対応が可能です。

「働き方改革関連法」の
実務は難しい?

紙やExcel などを使って人の手で実務をおこなう場合、勤怠情報の集計や管理、従業員への指導など、業務にかかる時間と負担が大きくなる懸念があります。

複雑な集計業務・集計結果の管理・従業員への指導→時間の負担・人数の負担

対策のポイントは、
システムによる「仕組み化」。

「働き方改革関連法」の対策のためには、業務と従業員へのマネジメントを負荷なく継続的に行えるような「仕組みづくり」が大切。
そしてその仕組みづくりには、業務を自動化できるシステムの活用が近道となります。

システム活用で…新たな業務の整理・勤怠管理のマネジメントを負担なく継続
 

あなたの会社に必要な実務対策は?労働時間に関する6つの新ルール

すべての企業に影響する「労働時間」に関する
6つのルールについて
具体的な改正内容・必要となる実務・システム化に必要な機能を、
詳しく解説します。

それぞれの対策について
まとめて情報がほしい方はこちら!

このページの監修者紹介Introduction of supervisor

画像:片山先生

アクタス社会保険労務士法人
シニア人事コンサルタント
社会保険労務士 中小企業診断士

片山 力 先生

2008年4月にアクタスへ入社。人事制度設計、労務監査等の制度系コンサルティングから、管理職や従業員向けの研修による人材の育成支援まで、ハードとソフト両面のコンサルティングに幅広く活動。「人は企業成長の源泉、人事で企業の明るい未来をつくる」をモットーに、経営目線と現場目線の両立を図った、実効性のある課題解決を提供している。

ロゴ:アクタス社会保険労務士法人アクタス社会保険労務士法人

〒107-0052
東京都港区赤坂3-2-12 赤坂ノアビル2F
https://actus-hrc.jp/

人事コンサルティングをご希望の方は
お気軽にお問い合わせください