ベストプラクティスによる
販売管理業務のDX化で
受注から経営分析まで
データを活用した
無駄のない販売管理を実現

奉行クラウド 販売管理 DX Suite
資料ダウンロード

今、企業に求められる
販売管理業務のDX

2023年10月にはインボイス制度がはじまります。
企業では、適格請求書への対応とあわせ、請求書発行プロセス自体のデジタル化が急速に進められています。
今後は請求書だけでなく、企業間のあらゆる取引がデジタル化され、データのやりとりが当たり前になるでしょう。
販売管理業務のDXは、これからの時代に合った企業間取引を実現するため、避けては通ることのできない取り組みです。
また、DXによって受注から在庫までのデータがすべてつながれば、販売管理の業務品質が向上するだけでなく、
業績や市場動向を踏まえた迅速な経営判断ができるようになります。
奉行クラウド 販売管理 DX Suiteは、販売管理業務のDXによって、
受注から経営分析までデータを活用した無駄のない販売管理を実現します。

奉行クラウド 販売管理 DX Suiteの導入メリット・効果

販売管理業務のDX化で、
年間1,281時間、約231万円の人件費を削減
奉行クラウド 販売管理 DX SuiteでDX化することで、業務時間を大幅に減らし、人件費も削減することができます。
※OBC調べ 販売管理担当者1名、人件費時給1,800円の場合
ビジネスプロセスを大幅に削減
例えば請求書発行業務は、従来6つのプロセスで構成されていましたが、DX化することでたった1つのプロセスに削減できます。

削減シミュレーションシート
資料ダウンロード

奉行クラウド 販売管理 DX Suiteが提供する
3つのベストプラクティス

奉行クラウド 販売管理 DX Suiteは、販売管理業務のデジタル化を成功に導く3つのベストプラクティスを提供します。

01 販売管理の12業務をすべてDX化しデータがつながる
受注業務から発注・売上仕入・債権管理や在庫管理など12業務が、すべてDX化しデータでつながるため、業務単位で行われてきた伝票入力や集計作業がなくなります。

受発注・売上仕入業務

受注業務のDX
他システムとのデータ連携や、データを活用した自動化により、受注処理をアシスト
発注業務のDX
受注データや在庫データから発注データの作成を自動化
売上業務のDX
受注データを消込むことで、売上データを自動作成
仕入業務のDX
発注データの消込や、売上計上時の同時処理により、仕入データを自動作成

請求・入金支払業務

請求業務のDX
債権データから請求書を電子化・自動送付し、回収予定表も自動作成
精算業務のDX
債務データを自動集計し、精算処理と同時に支払予定表を自動作成
入金管理のDX
金融機関から入金情報を自動取得し、回収予定と自動突合し、消込を自動化
支払管理のDX
支払予定を消込むことで、支払データを自動作成

管理・マネージメント業務

債権管理のDX
売上データや入金データから債権残高をリアルタイムに計算し可視化
債務管理のDX
仕入データや支払データから債務残高をリアルタイムに計算し可視化
管理・経営分析のDX
受発注や売上仕入データなどリアルタイムに集計し、経営状況を可視化
在庫管理のDX
入出荷データから在庫をリアルタイムに更新し、在庫状況を可視化
02 請求書を電子化しペーパーレス化を実現
請求書や納品書など取引証憑を電子化し自動送付でき、バックオフィスのペーパーレス化環境を整えます。
  • 請求業務のペーパレス化環境が整う
  • 請求業務のビジネスプロセスを削減し、印刷・封入封かん・投函・送付作業がなくなる
  • 取引先指定の請求書も電子化でき、取引先の負担も少なくペーパレス化に移行できる
  • タイムスタンプが自動付与され、自動保管。電子帳簿保存法に標準対応
  • デジタルインボイス(Peppol)にも標準対応
  • 納品書の電子化にも対応できる
03 販売戦略に役立てられるデータ活用がすぐにできる
商品別や取引先別・部門担当者別など、様々な分析視点角度での取引実績集計を標準化。業績把握や需要予測など、経営判断に役立つデータ活用ができます。
集計方法
  • ・得意先別集計表
  • ・商品別集計表
  • ・担当者別集計表
  • ・得意先別順位表
  • ・商品別順位表
  • ・担当者別順位表
  • ・得意先別推移表
  • ・商品別推移表
  • ・担当者別推移表
  • ・得意先別対比表
  • ・商品別対比表
  • ・担当者別対比表
  • ・仕入先別集計表
  • ・仕入先別順位表
  • ・在庫集計表
  • ・在庫順位表
  • ・入荷集計表
  • ・債権残高集計表
  • ・仕入先別推移表
  • ・仕入先別対比表
  • ・在庫推移表
  • ・滞留在庫集計表
  • ・出荷集計表
  • ・債務残高集計表

奉行クラウド 販売管理 DX Suite
資料ダウンロード

料金プラン

月額利用料※1 90,140円~
対応業務・機能
  • 見積・案件管理
  • 受注業務
  • 売上業務
  • 請求業務
  • 入金管理
  • 債権残高管理
  • 発注業務
  • 仕入業務
  • 精算業務
  • 支払管理
  • 債務残高管理
  • 在庫管理
  • 経営分析
スペック※2 伝票明細件数:800,000明細まで
電子請求書の発行可能数(奉行電子サプライ):5,000枚
ライセンス構成※2 管理者ライセンス:3ID

※1:ご契約は、法人単位で年間契約となります。
※2:伝票明細件数、電子発行数、ライセンス数の追加は、いつでも拡張いただけます。
奉行クラウド 販売管理 DX Suiteのライセンス体系など詳細については、こちらからお問い合わせください。



新規CTA

よくあるご質問

インボイス制度への対応はしますか?
はい、2023年1月頃から対応を予定しております。
奉行クラウドはインボイス制度・電子インボイスに「完全対応」することで、企業の経理・販売管理DXを支援します。対応方針の詳細は、こちらをご確認ください。
自社にあったカスタマイズは可能ですか?
クラウドサービスのため、カスタマイズ対応は原則承っておりません。
カスタマイズ対応ではなく、継続的な機能拡張や、APIやファイル連携によるサービス連携を提案いたします。なお、計算式や入力項目の拡張などは、標準機能の中で可能です。お客様の業務要件に関して、標準機能で対応可能なケースもありますので、業務要件のご相談については、こちらまでお問い合わせください。 
取引先指定の請求書も電子化することはできますか?
はい、できます。
請求書の画像データを取り込み、印字位置を設定しPDF化できる「オリジナルフォーム機能」で対応できます。指定請求書の運用を変えることなく、電子化することが可能です。
利用中のシステムからのデータ移行は簡単にできますか?
はい、できます。決められた手順に沿って進めるだけで、迷わず安心して移行できます。
商蔵奉行をお使いの場合は、専用ツールで簡単に移行できます。詳しい手順についてはこちらまでお問い合わせください。
導入支援を依頼できますか?
はい、できます。奉行クラウド 販売管理 DX Suite専用の導入支援サービス(別途費用)をご用意しています。販売管理に精通したインストラクターが指導を担当いたします。

製品を知る

奉行クラウド 販売管理 DX Suiteについて、製品紹介資料でご確認いただけます。

お問い合わせ

奉行クラウド 販売管理 DX Suiteの導入のご相談・デモのお申込みは、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。

〈お客様専⽤フリーダイヤル〉
0120-121-250
10:00~12:00∕13:00~17:00 (⼟・⽇・祝⽇を除く)
OBCの新たな取り組み
このプロジェクトでは、DXの価値やメリットを体感頂ける施策や企画を実施し、日本全国の中小企業のバックオフィスのDX化を応援します。

新規CTA