あらゆる基幹システムとつながり
債権管理をフルカバーした決定版!

債権管理をフルカバー!
業務時間を大幅に削減する債権管理クラウドです。

 

自動化により、
業務時間を大幅減

入金の突合・消込作業を自動化。さらにクラウドによる自動学習、データ連携により業務時間を大幅に削減。

 

債権管理を
まるごとシステム化

回収予定管理から入金消込、滞留債権の可視化、督促業務までシステム化でき、EXCELによる手作業をゼロに。

 

今の基幹システムと
一緒に使える

※対応予定

あらゆる販売管理・会計システムと連携。現システムのまま債権業務の生産性だけを向上。

債権業務の多くを「自動化」し、
業務時間を短縮します。

入金消込を自動化でき、
入金の照合がすぐに完了

債権管理で最も時間のかかる、入金の突合・消込作業を自動化できます。入金情報と債権情報を明細単位で自動マッチングし、消込まで自動で行います。

営業自らが入金確認でき、
回収スピードが向上

営業が得意先の回収状況を自ら確認できるため、情報共有を行う手間やタイムラグがなくなります。すぐに督促業務が行え、回収スピードが向上します。

入金伝票の
手入力が不要に

入金消込と同時に、入金伝票が自動で作成されるため、手入力する必要がなくなります。

ミスや不整合のない、
正確な請求書発行が可能に

任意の請求期間の債権・入金データを自動集計し、請求書を自動作成します。締め期間の重複や未請求期間の発生、締め処理後の伝票の修正·削除を自動チェックし、不整合を防止します。

※対応予定

正確な回収予定表を
自動で作成

取引先ごとの回収サイトに基づいて回収予定表を自動作成します。急な回収予定変更にも柔軟に対応し、正確な回収予定管理がかんたんに実現します。

債権管理を幅広く網羅!
細やかに業務対応でき、手作業が不要になります。

幅広い債権管理をシステムでカバーできるようになるため、手作業を削減し、正確かつ細やかな債権管理を実現します。
今後、より細やかに管理できる機能を拡充し、さらなる生産性向上に貢献します。

債権奉行クラウドのリリース時搭載機能、今後対応予定機能の紹介

「債務奉行クラウド」と一緒に使えば
債権・債務業務の生産性をまとめて向上できます!

債務奉行クラウドのリリース時搭載機能、今後対応予定機能の紹介

ご利用の基幹システムと一緒に使えます。

API(Application Programming Interface)を利用し、あらゆるシステムやクラウドサービスとシームレスにつながります。
今ご利用の基幹システムを変える必要がないため、手軽にご利用いただけ、データの自動連携により生産性の高い業務を実現します。

債務奉行クラウドを利用した債権、請求、入金、仕分けデータのAPI連携

債権奉行クラウドなら、
将来の適格請求書(インボイス)まで
コスト負担なく確実に対応※対応予定

区分記載請求書はもちろん、将来の適格請求書等保存方式(インボイス方式)の記載要件に確実に対応します。
取引先に合わせて請求書フォームを作成できるため、基幹システムの改修にコストをかけずに対応できます。

債務奉行クラウドを利用した債権、請求、入金、仕分けデータのAPI連携

債権奉行クラウドは、
世界トップレベルのセキュリティ
Microsoft Azureを
採用し、
大切なデータを恒常的に保護します。

MicrosoftAzure
  • 国際基準に準拠
  • すべてのデータを
    暗号化
  • データセンター
    災害対策
  • セキュアな
    アクセス
  • 脅威への
    万全な備え
  • 月間稼働率
    99.9%

OBCでは、現在、SOC報告書 (SOC1 Type2※1、SOC2 Type2※2)の取得準備中です。

「奉行クラウド」は、財務報告に係る内部統制を対象とした「SOC1 Type2」報告書及び、セキュリティに係る内部統制を対象とした「SOC2 Type2」報告書の取得を目指し、準備を進めています。

    • ※1 アウトソーシング事業者が委託されている業務のうち、委託会社の財務報告に係る内部統制の適切性・有効性を対象とした保証報告書です。
    • ※2 アウトソーシング事業者が委託されている業務で、セキュリティに関連する内部統制を対象として保証を受けた報告書です。

  • 「SOC1 Type2報告書」「SOC2 Type2報告書」について
  • ・「SOC1 Type2報告書」「SOC2 Type2報告書」とは、ある一定期間におけるクラウドサービス会社のセキュリティおよび可用性の内部統制を評価する保証報告書となります。この報告書の目的は、OBCの内部統制やセキュリティの運用状況を、お客様およびお客様の監査人などが容易に把握できるようにし、お客様の重要な業務システム基盤として、OBCのクラウドサービスをより安心してご利用いただくことです。
  • ・SOCには特定の基準日時点の内部統制のデザインを評価するType1と、ある一定期間の内部統制のデザインおよび運用状況を評価するType2があります。OBCでは実運用状況を評価するType2の報告書取得を進めています。

機能性やライセンス数に応じて、
企業に合ったシステムを選択できます。

基本システム

 

【業務拡張が可能】

商品管理、売上伝票、請求書発行

 

【分析が可能】

部門グループ、推移表(資金繰)、対比表、帳票グラフ、与信残高

 

【複数名の利用に対応】

部門権限、帳票パターン、項目権限、伝票承認

【基本機能】

請求先管理、取引先グループ管理、プロジェクト管理
セグメント管理、債権伝票、請求締め、入金処理、管理帳票

※2019年夏以降提供開始予定

拡張アセンブリ

決済

手形・電債等の期日・
てん末管理に対応

※対応予定

債権奉行クラウドご利用料金例

年額150,000円~(税抜)
(月額 12,500円~) 債権奉行クラウドi Aシステム1ライセンスの場合
※利用料は年払いとなります

すべてご利用料金に含まれています

  • 運用管理
  • 制度改正・IT変化の対応
  • 随時機能アップ
  • バージョンアップ
  • 世界トップレベルのセキュリティ
  • 高パフォーマンス&ハイスペック
  • 充実のサポートサービス

※別途、初期費用が必要です。(50,000円~)

※ご契約は、法人単位で年間契約となります。



価格シミュレーション >

債権奉行クラウドの機能詳細を
確認できる資料はこちら。

カタログ請求

製品のデモのお申し込みやご質問、ご相談など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談