奉行Edge マイナンバークラウド

利用社数 14,000社
利用者数 300万人

すべてのマイナンバー業務を手間なく安全に、
万全のセキュリティとコンプライアンスを実現

採用・家族異動時に社外からの
収集を迅速かつ安全に

採用者や配偶者・扶養家族が増えた従業員は自宅などから、パソコンやスマートフォンを利用して、マイナンバーや本人確認書類を提出できます。提出履歴は自動記録されるため、履歴管理の手間がかかりません。

社会保険の届出書作成における
取扱い履歴の別管理が不要

社会保険手続きに必要な届出書を作成する際に、利用目的を登録すると利用目的と参照履歴が自動記録されます。別途、参照履歴を管理する手間がなく、記録の抜け漏れもなくなります。

個人支払先からの収集に
手間とコストがかからない

取引先となる個人支払先は事務所や自宅などから、パソコンやスマートフォンを利用して、マイナンバーや本人確認書類を提出できます。書類の準備や郵送が不要なため、手間とコストがかかりません。提出履歴も自動記録されるため、履歴管理の手間もかかりません。

年末調整時に給与システム連携で
スムーズに源泉徴収票を作成

マイナンバーをCSVファイルに出力できるため、ご利用の給与システムにカンタンに連携させることができます。出力時の履歴が自動記録されるため、履歴管理の手間がかかりません。

3段階認証で不正アクセスを防止

利用者ごとにマイナンバーの利用権限を設定できるため、マイナンバーの取り扱い許可のある担当者しかマイナンバーへアクセスができません。
さらに、マイナンバーへアクセスするには、電子証明書認証、利用者ID/パスワード認証とワンタイムパスワード認証の3段階認証が必要なため、外部からの不正アクセスやなりすましを防ぎ、安全に取り扱えます。

3段階認証

サービスの安全管理措置

本サービスは、JIS Q15001(個人情報保護マネジメントシステム・要求事項)に適合した人的、物理歴、組織的、技術的安全管理措置と、「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」に準じた運用管理で、マイナンバー制度に伴う業務への対応とリスクの低減を実現しております。

サービスの安全管理措置

安心・安全のセキュリティ

すべてのデータを暗号化で保護

お客様のデータはすべて暗号化され、マイナンバー・本人確認書類のデータはさらに分割化されます。他のお客様のデータとは隔離された状態で、さらに氏名などの個人情報データとマイナンバー・本人確認書類データが分けられ、それぞれに異なる領域で安全に保管されます。また奉行クラウドへの通信、およびデータセンター間の通信などあらゆる通信はSSLで保護されます。

※ AES暗号化方式を採用

24時間365日の運用監視

世界トップレベルのセキュリティを誇るマイクロソフト社の「Microsoft Azure」で管理・運用しています。24時間365日の運用監視で脅威に対する備えは万全です。また、月間稼働率99.9%を保証し、常に安定した可用性を実現します。世界140か国で運用され、国際的なコンプライアンスに準拠しています。

※ 奉行クラウドが採用している「Azure SQL Database」の月間稼働率

ISO、HIPAA、FedRAMP、SOC1、SOC2

国際認証SOC2報告書を取得

「奉行クラウドEdge」は、セキュリティに係る内部統制を対象とした国際認証「SOC2 Type2」報告書を取得しています。

※ ある一定期間におけるクラウドサービス会社のセキュリティの内部統制を評価する保証報告書です。SOCには、特定の基準日時点の内部統制のデザインを評価するType1と、ある一定期間の内部統制のデザインおよび運用状況を評価するType2があります。奉行クラウドEdgeは、実運用状況を評価するType2の報告書を取得しています。

AICPA SOC

ISO27001を取得

情報セキュリティマネジメントの国際標準規格である「ISO27001」を取得し、認証基準に基づき継続的に運用改善を行っています。

IS 637931 / ISO(JIS Q)27001

従業員や個人支払先のマイナンバー提出も手間なく安全に

持参や郵送の手間がなくなる

マイナンバーと本人確認書類は、パソコンやスマートフォンで、いつ、どこにいても提出できます。会社へ持参することなく自宅などでスキマ時間を使って提出を完了できます。

2段階アクセス認証で安全に提出できる

マイナンバーの提出には利用者ID/パスワード認証と、ワンタイムパスワード認証の2段階認証が必要なため、なりすましを防ぎ、安全に提出を完了できます。

クラウドサービスなので運用負担がかかりません

サーバー不要で、
運用管理いらず

サーバーレスで初期コストをおさえて導入できます。ハードウェア、保守、設置場所・電気代等のコストがなくなります。

プログラム自動更新で
常に最新

常に最新のプログラムに自動更新するため、バージョンアップコストや運用管理の負担なくご利用いただけます。

自動バックアップで
手間なくデータ保全

日々のバックアップ作業が不要になります。大切なお客様のデータは、自動的にバックアップされ、安全に保管されます。

セキュリティ要件確認や自社に合った運用方法で
安心かつスムーズな導入が可能

必要なセキュリティ要件確認に対応

プライバシーマークを取得している場合に必要なセキュリティチェックシートなどの確認に対応いたします。多くのプライバシーマーク取得のお客様への導入実績があるため、運用に関するご相談にもお応えできます。

必要な業務単位で段階的な運用が可能

奉行クラウドEdgeは、業務単位でサービスごとに機能を特化させています。そのため、お客様のタイミングで必要な業務単位を段階的に導入していくことが可能です。自社の状況にあわせて拡張していくことで、従業員が覚える負担も軽く、定型業務にかかる時間を削減できます。

導入実績(業種・規模)

14,000社以上の企業様、300万人以上の利用者様にご利用いただき、業種・規模を問わず、あらゆる企業に選ばれています。

業種・企業規模での導入事例

あらゆる環境変化に対応、将来にわたり安心

奉行クラウドEdgeは、これから先に起こる様々な環境変化にプログラム自動更新で手間なく、
追加コストの負担なく確実に対応しますので、安心して使い続けていただけます。
将来のあらゆる環境変化への対応が利用料に含まれているため、コストパフォーマンスの高いサービスを実現しています。

追加コスト、
アップデートコスト
 0   

継続する法・制度改正やIT環境の変化にも、追加コストなく対応することができます。プログラムは自動更新なので、運用の手間もかかりません。

制度改正への継続対応

マイナンバー制度、税制改正、働き方改革関連法、各種労働法改正など、流動的に変化し、継続する制度改正への対応をお約束します。

ITの変化、新しい技術への対応

最新のIT技術への対応や機能強化を行い、常に新しいサービスを提供します。

OBCならではのサポート・サービス

奉行クラウドEdgeをご利用のお客様には、OBCメンバーシップサポート&サービス
「OMSS(OBC membership support & service)」 の会員様として、充実したサービスをご提供します。

充実のサポート・サービス

業務に精通した専任のオペレーターが、奉行クラウドEdgeの操作方法はもちろん、お客様の業務に合わせた運用方法をご提案します。お客様の画面を一緒に見ながら、操作方法や設定内容をご案内することもでき、お客様の疑問や不明点を迅速に解決します。
さまざまなお問い合わせ方法をご用意:
リモートサポート、WEB、TEL、FAX

サービス成長をお約束

奉行クラウドEdgeは、お客様に常に生産性の高い業務を提供できるよう、機能性やパフォーマンスの向上、連携サービスの拡充など、 最先端のサービス提供や機能強化を随時行い、将来の成長をお約束します。

料金体系(税抜表示)

年間利用料(初年度):36,000円
月額100円/1名あたり

※ 従業員30名(電子証明書ライセンス2名分を含む)までで奉行シリーズ連携の場合。年間利用料(次年度以降)は、22,500円となります。
31名以上の場合や奉行シリーズ連携以外の場合の価格はお問い合せください。ご契約は、法人単位で年間契約となります。

よくあるご質問

Q1導入から稼働までにどのぐらい時間がかかりますか?

マイナンバークラウドは、導入してから約1か月で稼働できます。
※お客様の環境・運用方法により導入にかかる時間は異なります。

Q2導入の支援は受けられるのでしょうか?

導入サポートとして説明動画と利用ガイドをご用意しております。

利用ガイドサンプルを見る PDF
Q3現在利用中の給与ソフト(給与奉行以外)と直接連携できますか?

はい、APIを利用した直接連携が可能です。詳細についてはお問い合わせください。また、給与奉行クラウド、給与奉行10、法定調書奉行10、人事奉行10とは直接連携できます。法定調書奉行クラウド、総務人事奉行クラウドは対応予定です。

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)