IFRS/国際会計基準なら【OBC】

最新情報 一覧ページへ RSS RSSについて

経験豊富なコンサルタントによるIFRSコラム:IFRS導入実務講座 第27回 「引当金」を公開いたしました。
経験豊富なコンサルタントによるIFRSコラム:IFRS導入実務講座 第26回 「法人所得税第2回」を公開いたしました。
経験豊富なコンサルタントによるIFRSコラム:IFRS導入実務講座 第25回 「法人所得税」を公開いたしました。
経験豊富なコンサルタントによるIFRSコラム:IFRS導入実務講座 第24回 「リース基準改訂動向⑤-2013年EDその3」を公開いたしました。

OBCが取り組むIFRS・国際会計基準への取り組みについて

~ IFRSを『徹底的』に。~  OBCはIFRS対応に本気です。

OBCでは、IFRS(国際財務報告基準)を従来のような単なる制度改正とはまったく異質のものであることを認識し、早期より、その時々の市場動向に合わせた最新情報を提供する「OBC IFRSセミナー」や、IFRSの早期適用を目指す顧客企業様との意見交換の場として「IFRS研究会」などを開催してまいりました。

これらの積極的な情報提供活動を通じ、大小さまざまな企業グループから、IFRS対応システムについてのご相談をいただき、おかげさまで、既に700社を超える多くの上場企業・上場関連企業へのIFRS対応に向けたシステム導入支援を行っております。

また、監査法人やコンサルティングファーム等との連携も強化し、会計監査視点や内部統制監査視点などの監査視点をパッケージ機能に表現するため、定期的な意見交換を続けております。

このようにOBCでは、IFRSへの様々な取り組みを積極的に行い、IFRSに関する市場動向をいち早く取り入れることで、プロダクト・サービスの、安心かつスピードある対応と提供を行っております。

今後も国際会計基準動向を見極めつつ、最新情報の提供と、IFRS対応に迫られる多くの企業にとって最適なプロダクト・サービスの提供を、「徹底的」に続けてまいります。

株式会社オービックビジネスコンサルタント
代表取締役社長
公認会計士 和田成史

コストにフォーカスした「現実解」を提供できる。それが「OBCの強み」です。

OBCでは、IFRS対応を検討している上場企業及び上場関連企業へのシステム提供を行って参りました。これら、早期取り組み企業における共通の傾向として、IFRSに対して「今できること」にフォーカスしたシステム導入、つまり、将来性を担保できるシステムを基盤として選択し、対応が可能となった範囲から順次導入を進めるという現状があります。
これは、改訂が頻繁且つ流動的に行われるというIFRSの特徴を踏まえ、「将来性」・「コスト」・「パッケージ」という3つの実現性を考慮した「現実的な解」を選択していることが背景にあると言えます。

OBCは、さらに、上場グループ親会社・上場関連子会社・単体企業といった立場別に、これらの3つの実現性にフォーカスした、最適なご提案が可能です。

将来性と対応実績

OBCでは、奉行V ERPシリーズの対応プロダクトスケジュールを公開し、将来の対応をお約束しております。 また、現在までに公開したプロダクト機能については、対応を確実に行ってまいりました。安心して使い続けていただけるプロダクトの提供を目指し、着実にIFRS対応が可能なシステムへと進化をさせております。
ロードマップ IFRS対応一覧

コストへのフォーカス

頻繁な改正が続くIFRSの特徴を見据え、システムの導入コスト・運用コスト・継続的な法改正対応コストの3つの視点からコストに関する課題解決に向けたモデルをご用意。上場グループ親会社・上場関連子企業・単体企業、それぞれの異なる課題に対する最適なご提案が可能です。

パッケージだからこそのメリット

制度改正が頻繁で継続的に行われるというIFRSの特徴に対し、奉行V ERPシリーズは、パッケージ本来の特徴を大きなメリットとしてご提供することが可能です。導入可能な範囲からの部分的かつ短期的なIFRS対応を実現し、また、制度改正時にも、追加コスト無く保守契約内で機能対応を行っていただけます。

立場ごとに異なる課題に対し 最適なご提案をご用意しております。

IFRS対応を検討する際の課題やシステムに求める機能ポイントは、グループ企業の親会社、子会社、単体上場企業など、立場によって異なります。OBCでは、立場ごとの課題を整理し、最適な解決ソリューションのご提案を行っております。

  課題とシステムに求める機能性 対応奉行シリーズ・メリット
上場グループ企業
親会社
  • 業務発生時点でのIFRS対応の実現
  • グループ全体での会計方針共通化
  • 会計期間/マスター等の統一
  • 連結決済業務の早期化への対応
  • 固定資産管理の効率化と会計基準対応
  • 法改正対応コストの見直し
<奉行V ERP Enterprise
Group Management-Edition>
  • 低コスト短期間でのIFRS対応基盤構築の実現
  • グループ対応機能によるマスター共通化の実現
  • 連結会計システムへの連携実現
  • 法改正対応コストの将来試算が可能
  • グループシステム統一化の実現
  • 固定資産管理の実現
  • 対応が明確な範囲からの部分導入の実現
  • 内部統制対応
上場関連子会社
  • 親会社のIFRS対応方針への対応
  • 固定資産管理の効率化と会計基準対応
  • 法改正対応コストの見直し
  • 内部統制対応
単体企業
  • 日本基準のIFRSコンバージェンス対応
  • 内部統制
  • 全体最適化
  • 固定資産管理の効率化と会計基準対応
  • 法改正対応コストの見直し
<奉行V ERP>
  • 低コスト短期間での会計基盤構築の実現
  • 将来的なIFRS導入にも対応
  • 業務網羅性
  • 段階導入の実現
  • 内部統制対応
  • 固定資産管理の実現

IFRS(国際会計基準)のページです。IFRS(国際会計基準)ならオービックビジネスコンサルタントにお任せください!
導入実績多数のOBCがお客様の基幹業務に合わせて最適なソリューションをご提案致します。

お問い合わせ メールでのお問い合わせ

-->