リスク自動検知

メンタル不調による休職・退職リスクを自動検知し
通知する機能を標準でご用意しています。

メンタル不調者の自動検知

メンタル不調の兆候となる様々なサインを自動で検出

勤怠管理システムや人事管理システムと連携することで、勤怠の乱れや残業超過、仕事の変化などの不調のサインを自動検知できるため、従業員がメンタル不調に陥る前に、未然に休職・退職リスクを防止できます。

リスク自動検出・自動通知

日々の勤怠データを監視し、従業員と総務の双方に不調の兆候を自動検知

勤怠データをサービスに取り込むことで、遅刻・欠勤・早退など勤怠の乱れからメンタル不調の兆候を検知し、本人と総務の双方に自動通知できます。

心の診断アンケート

従業員の心の変化を正確に把握

かんたん5問のアンケートに回答するだけで、自身の仕事や職場の人間関係の悩みなどを正確に把握できます。また、アンケートはPCやスマートフォンなど、様々なデバイスで利用できます。

高リスク判定

従業員の環境変化を含んだ総合的な休職・退職リスクを見える化できる

人事異動・昇格などの環境変化、勤怠の乱れ、本人へのアンケートによる心身の状態などの総合的な要素から休職・退職リスクの高い従業員を判定し、高リスク者を見える化できます。

専門家監修による高リスク判定
本サービスの高リスク判定は、勤怠・人事データやアンケートデータを用いて専門家による監修の下、メンタル不調の恐れがある従業員をサービスが自動判定するため、従業員が休職・退職してしまう前に防ぐことができます。

無料お試し

メンタルヘルスケアクラウドを14日間無料でお試し利用いただけます。

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)