小規模法人向け業務ソフト 奉行Jシリーズ:新年度の帳簿入力をはじめる

早わかり操作集

早わかり操作集

年度末(決算)時の処理
 新年度の帳簿入力をはじめる

新しい会計期間の帳簿入力をはじめるために、会計年度を翌期に更新します。
翌会計年度作成を行うと、翌期の処理(帳簿入力、管理資料の作成など)を行えるようになります。


翌会計年度作成を実行すると、新しい会計年度が作成されます。
翌会計年度作成は「年に一度だけ」行います。
※既に新しい年度が作成されている場合はメッセージが表示され、作成に制限がかかります。



翌会計年度作成の手順を確認しましょう。
[決算処理]-[期末処理]-[翌会計年度作成]メニューを選択します。
「翌会計年度作成後、期末残高繰越を行う」にチェックが付いていることを確認し、F2[実行]ボタンを押します。


バックアップ確認の画面が表示されます。
バックアップを取っていない場合には、[はい]ボタンを押し、バックアップを取りましょう。
今回は、[いいえ]ボタンを押して進みます。


翌会計年度の会計期首が現在日付より後の場合は、確認メッセージが表示されます。
[OK]ボタンを押して進みましょう。


翌会計年度作成が完了した旨のメッセージが表示されます。
[OK]ボタンを押します。


期末残高を翌期に繰り越すメッセージが表示されます。
[OK]ボタンを押して進みます。


[期末残高繰越]画面が表示されます。
更新後の会計期間が正しいかどうかを確認し、F2[実行]を押します。


確認のメッセージが表示されたら、[はい]ボタンを押します。


バックアップ確認画面が表示されます。バックアップを既に取っている場合は、[いいえ]ボタンを押して進みましょう。


確認のメッセージが表示されたら、[OK] ボタンを押して進みます。


期末残高繰越が完了した旨のメッセージが表示されたら、[OK] ボタンを押します。


F12[閉じる]ボタンを押して、[期末残高繰越]メニューを終了します。


メインメニュー画面の左上に表示される期首日と決算期が、新年度になっていることを確認できます。


翌会計年度作成を実行するタイミングはいつですか?

翌会計年度作成を実行するタイミングに特別な決まりはありません。
今年度の決算が確定する前であっても、「新年度の取引について帳簿を入力したい」時に実行することができます。



【早わかり動画ビデオ】
実際の使い方を見て確認したいお客さまは、
本ページの「早わかり操作集」について、
専任インストラクターが操作を交えてくわしく解説する
「早わかり動画ビデオ」をご覧ください。





お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-86-9861

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)