導入事例

株式会社野邑工業

  • 製造業
  • 商奉行iの導入により、受注販売業務の一層の効率化を実現
    所在地
    岐阜県養老郡
    従業員数
    15名
    年商
    4億円
    株式会社野邑工業様は、岐阜県・愛知県・三重県を中心に、エクステリアコンクリート二次製品の製造・販売および施工を行っている。公園、歩道、校庭、商店街などのパブリックスペースから、店舗、庭などのプライベートスペースまで、エクステリアの分野でお客様の幅広いニーズに応え、成長を続けてきた。

    導入効果

    1. 商品マスターの入力文字数やコード桁数などのスペックアップによって、今まで管理できなかった項目や、短縮入力していた商品名がすべて入力できるようになった。それにより、目的の商品検索がスムーズに行えるようになり、作業効率化を実現。業務コストの削減につながった。
    2. 以前は、売上伝票の備考欄を省略入力しなければならず、帳票集計時に、再度内容確認作業が必要となることがあった。商奉行iでは備考欄の文字数が増え、詳しく入力できるようになったため、内容を即座に把握できるようになり、業務効率化につながった。
    3. 以前は、社内管理資料を作成する際に、商奉行21で集計したデータを外部転送し、Excelのマクロを使用して加工していたため手間と時間がかかっていた。商奉行iではデータ転送できる項目が増え、また、Excelダイレクト転送機能も搭載されたため、以前よりも帳票の作成にかかる工数を削減できるようになった。

    導入経緯

    使用していた商奉行のサポート終了に伴い、バージョンアップを検討していたところ、販売店から「奉行シリーズ」の機能アップについて提案を受けた。
    追加された機能により、今まで不便に感じていた点が解決できると判断し、商奉行の導入を決定した。

    選定ポイント
    1. 商品マスターのコード桁数・入力文字数が拡張され、さらに、一つの商品につき最大3つの商品コードが登録できるようになった。
    2. 伝票の項目が拡張され、明細備考が入力できるようになった。
    3. Excelへダイレクトにデータ転送が可能となり、加工が容易になった。
    4. 請求書発行時に全てのページ分のプレビューが可能になり、確認作業がしやすくなった。
    5. 得意先元帳の単位欄を印刷できるため、手書き作業の削減が図れた。
    6. 以前から使用していた商奉行21からのデータコンバートが容易に行える。

    本例での導入製品はこちら

    会社概要

    会社名
    株式会社野邑工業
    業種
    製造業
    従業員数
    15名
    年商
    4億円
    資本金
    1,000万円
    URL
    http://www2.ocn.ne.jp/~aanomura/

    お気軽にご相談ください

    自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

    ご検討のお客様専用ダイヤル

    0120-121-250

    9:30〜12:00/13:00〜17:00
    (土・日・祝日を除く)