生産性向上のためのIT導入で、
最大50万円の補助金が活用できるチャンスです。

補助金の申請方法や
活用方法を詳しく解説!

活用ガイドダウンロード

2018年度のIT導入補助金※1はビッグチャンス!

バックオフィス業務の生産性向上を実現する奉行10シリーズと、新製品の奉行クラウドが補助金の対象になりました。
OBCは、IT導入支援事業者※2となり、全国の販売パートナーと共に、ITツールの導入による
お客様のバックオフィス業務の生産性向上や業務効率化を支援します。ぜひ、ご検討ください!

※1 平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業 ※2 IT導入支援事業者とは、中小企業・小規模事業者のみなさまの生産性向上のために、ITツールの提案・導入及びこれに要する各種申請等の手続きを代理で行う者として、事務局に採択された者を指します。

IT導入補助金 制度概要

IT導入補助金 5つのポイント

ITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、
中小企業・小規模事業者等の業務の生産性向上を図ることを目的とした制度です。
知っておきたい制度のポイントをご紹介いたします。

  1. 対象業務範囲

    売上管理・在庫管理から財務会計・人事給与まで、幅広い業務範囲が対象です。企業の業務を「フロント・ミドル業務」「バックオフィス業務」の2つに分けて補助金の対象業務を定義し、その中から2つ以上の機能を持ったITツールの導入に補助金が交付されます。

    業務 役割 機能
    フロント・
    ミドル業務
    フロント:顧客と対面し、注文を受けて売上を上げる機能
    ミドル:原価・納期・在庫等を管理し、フロント業務を支える機能
    売上・請求・売掛・回収管理、発注・仕入・買掛・支払管理、在庫管理 など
    ※対象機能は、18種類の業種別の機能から選択
    バックオフィス業務 フロント・ミドル業務を支え、売上とコストをもとに利益を管理する機能 原価計算、予算統制、財務会計、税務申告、管理会計、人事給与 など
    ここがポイント

    生産性向上のためのITツールの導入に使えます!

    IT導入補助金は、企業の生産性向上や業務効率化を目的に、奉行シリーズなどのITツールの導入を補助する制度です。対象となる業務範囲は広く、非効率な業務や課題を改善できる大きなチャンスです。

  2. 対象企業

    中小企業・小規模事業者のお客様となります。
    卸売業や小売業・製造業・サービス業など、多くのお客様が対象です。

    主な対象業種 対象条件:資本金、従業員規模の一方が、下記を満たすこと
    資本金(資本金の額又は出資の総額) 従業員(常勤)
    卸売業 1億円 100人
    小売業 5000万円 50人
    製造業 3億円 300人
    サービス業 5000万円 100人

    その他の業種や条件については、こちらをご確認ください。

    ここがポイント

    対象はなんと13万社!あなたの企業が対象かも!?

    交付対象は全国の中小企業、約13万社。日本の約90%以上が中小企業であることを踏まえると、あなたの企業も補助金を活用できるかもしれません。

  3. 補助金額

    補助金額は、対象製品の購入金額の1/2になります。上限が50万円、下限が15万円となります。
    ※補助金の交付には、30万以上の購入が必要です。

    ここがポイント

    1社あたり最大50万円の補助金が交付されます!

    補助金額は、1社あたり最大50万円のため、コスト面や予算の問題で、IT化による業務の生産性向上を断念していた中小企業には朗報です。

    ※補助金の交付には審査があります。

  4. 対象製品 <ITツール>

    ソフトウェア製品/クラウドサービスと、それに付随するオプション、サポート費用などの役務といった導入に必要な費用が、ほぼすべて対象となります。

    対象製品 内容 補足
    ソフトウェア製品
    クラウドサービス
    中小企業・小規模事業者等が導入することによって、生産性の向上が見込まれ、一定の導入効果が得られるソフトウェア製品、クラウドサービス、ホームページ制作 新たに導入するソフトウェアやサービスが対象
    クラウドサービスの補助対象はSaaSのみ
    オプション 機能拡張/データ連携ソフト、ホームページ利用料、アカウントID追加/クラウド年間利用料追加 オプション・役務は、ソフトウェア製品・クラウドサービス本体とのセット導入が必要
    役務 保守・サポート費(最大1年分)、導入設定、業務コンサル、マニュアル作成、導入研修、セキュリティ対策

    【ご注意!】対象とならない製品
    ・POSレジやデジタルサイネージなどのハードウェア
    ・PaaS、IaaSのクラウドサービス
    ・表計算ソフト、簡易データベースなどの汎用性の高いソフト
    ・ソフトウェアの内部に大幅な変更を加えるようなカスタマイズ、スクラッチ開発

    ここがポイント

    ソフトウェアから導入費用・保守サービスまでまとめて使えます!

    ITツールだけでなく、導入に関わるソフトウェアやサービス利用料(1年間)・導入費用・サポート費用などのすべてが補助金の対象※になります。必要な費用をまるごと対象にできるため、お得に生産性向上に取り組めます。

    ※導入費用やサポート費用は、ITツール本体とのセット導入でないと、補助金適用されません。

  5. 対象期間と補助金申請手続き

    交付申請期間は、2018年6月20日(水)から8月3日(金)の約1カ月半です。

    申請期間
    :2018年6月20日(水)~8月3日(金) <二次公募>
    交付決定日
    :2018年8月15日(水)
    事業実施期間
    :交付決定日~2018年11月16日(金)
    事業実施報告期間
    :2018年8月下旬~2018年11月16日(金)

    ※上記の日付や期間は、全て予定の期間になります。

    補助金に関わる手続きは、「ご相談」から「導入効果報告」までの手続きがあります。

    • ご相談

      経営状況・課題の把握、ITツールの検討

    • 交付申請

      交付申請書作成、経営診断ツール入力など

    • 製品購入

      事業実施(契約・導入)

    • 証憑提出

      証憑提出※事業実施報告(納品書など)

    • 導入効果報告

      約5年間、毎年3月ごろ報告

    ここがポイント

    予算が無くなり次第終了!?早めの活用がオススメです!

    補助金の公募期間は、2018年6月20日(水)から8月3日(金)までの、たった1カ月半だけです。三次の公募期間も予定されていますが、審査は早い公募から実施され、予算消化型の制度であることも考えると、早めの検討がベストと言えそうです。

    ※上記の日付や期間は、全て予定の期間になります。

このチャンスを活かして、
業務の生産性UPと効率化を実現しましょう!

IT導入補助金 徹底活用ステップ

IT導入補助金は、あくまで審査が通ってから購入(導入)する制度となりますので、安心です。
ITツールの検討や評価をしても一切費用が掛からないため、
まずは生産性向上・効率化したい業務を探し、効果の確認から補助金活用を検討していきましょう。

  1. 対象業務を選ぶ

    生産性向上・業務効率化を実現したい業務を選びます。

    ここがポイント
    生産性を向上したいがコスト面で断念していた業務や、普段から非効率に感じている業務などをピックアップしましょう!

  2. プランを調べる

    対象業務の補助金活用プランを調べます。

    ここがポイント
    OBCでは生産性向上や業務時間を削減できる業務別の厳選したプランを、14種類ご用意しています!

  3. プランの詳しい
    内容を知る

    興味をもったプランの詳しい資料をダウンロードし、導入効果や機能を確認します。

    ここがポイント
    具体的な業務の削減時間や、生産性向上を実現する運用イメージなどの詳しい資料を、一括でダウンロードいただけます。

  4. プランの詳しい
    デモを見る

    OBCの営業担当が、プランに含まれるITツールの機能や使い方を詳しくご説明いたします。

    ここがポイント
    業務の流れに沿った使い方をデモンストレーションでご紹介するため、導入効果を実感いただけます!

  5. 補助金の
    交付申請を行う

    OBC、またはOBCの販売パートナーにお気軽にご相談ください。

    ここがポイント
    申請方法や申請後の対応など、手厚くフォローアップいたします。

お得に業務を効率化できる、
厳選した補助金活用プランをぜひご確認ください!

活用プランの詳細を見る

IT導入補助金の制度概要や活用事例、生産性向上を実現できる厳選活用プラン、申請方法など詳しく解説しています。

活用ガイド資料ダウンロード

プランのご不明点、ご相談や製品デモのお申込みなど
お気軽のお問い合せください。

Webでのご相談窓口

お問い合わせ・ご相談

17:00以降のお問合せや、土・日・祝日および弊社夏季休業・年末年始休業の場合、翌営業日以降のご連絡となります。

電話でのご相談窓口

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝祭日を除く)

<事務局>お問い合わせ先 サービス等生産性向上IT導入支援事業 コールセンター

TEL:0570-000-429 ※通話料がかかります。  IP電話などからのお問い合わせ先:042-303-1441
受付時間 9:30〜17:30(土・日・祝祭日を除く)※電話番号はお間違えのないようにお願いします。