運送業向け基幹業務ソリューション:ATRAS21【奉行Solutions】

運送業向け基幹業務 ソリューション
トラック運送業に必要な機能を網羅した販売管理システム。
ATRAS21Version2.0
対応業務:
運送業基幹業務全般
対応業種:
運送業
連動奉行:
給与奉行、勘定奉行

こんな課題を解決します

課題1未確定運賃を確定し忘れ請求漏れが発生する。確定するまで請求書発行が滞ると回収業務に支障をきたす。

解決策
未確定運賃があっても業務を進行することができます。未確定運賃明細のみを抽出し、金額確定できることで、業務がスピーディになります。

運転日報の管理

日報入力・運行管理データが請求書にそのまま反映でき、業務の効率化がはかれます。

未確定運賃対応

月末等に未確定運賃を一括で登録する「日報一覧画面」を用意。請求漏れの発生を防ぐことができます。また日報入力画面にて走行距離と燃料の給油量を入力することにより、車両ごとの走行燃費の確認が可能です。

傭車料の管理

傭車(外注先)を使用した場合も、日報入力にて運賃(請求金額)と傭車料(仕入)を同時に入力できますので、業務の効率化がはかれます。傭車先向けの支払届が印刷できますので、正確な傭車料管理が容易に可能となります。未確定傭車料にも対応しております。

課題2車両毎の収支実績の把握ができず、運賃交渉などの対応策を講じるための正確な情報がない。

解決策
日々の運転日報から車両ごとに経費を入力することで、収入に対する経費の対比にて自社原価を正確に把握でき、経営をサポートします。

車両収支実績表

運送業ではなかなか難しい車両の収支実績を簡単に把握できます。運転日報と経費入力を行うことにより、車両毎の売上・原価(経費)・利益が印刷され、経営分析に重要な収支管理が簡単に把握できます。

請求額と傭車料の対比

請求額に対する傭車料の対比を行い、粗利金額を印刷することができます。
過去の実績を分析することにより、傭車料に関する価格交渉に役立てることが可能です。

課題3給与/財務会計業務と販売業務を別管理しており、乗務員の勤怠集計と販売情報を再度入力しており、多くの時間を費やしている。

解決策
販売管理から給与計算・財務会計へ連動することによって、転記ミス・入力作業が軽減できます。運送業特有の手当も自動計算できます。

給与奉行連携

勤怠入力画面にて、日別・運転手別の勤怠情報の入力を行い、月計の「勤怠時間」「各種残業時間」を給与奉行へ渡すことができます。
日別に発生するような手当を最大7種類入力でき、これら手当の月計を給与奉行の任意の手当項目に連動させることが可能です。(長距離手当等)

勘定奉行連携

「売上」「入金」「傭車料」「経費」に関する金額は、事前に設定した勘定科目を元に、仕訳データが作成されます。勘定奉行で取り込むことで、運送業務に関わる仕訳の再入力が不要になります。細かな補助科目設定も可能なので、売掛金の補助として得意先の補助コードを付加したり、入金に関しては、銀行を補助コードとして付加することが可能です。

業務フロー図

価格(税抜表示)

700,000円~

※ 上記は、Aタイプ(スタンドアロン)の価格です。詳しくはお問い合わせください。

対応業務 運送業基幹業務全般
対応業種 運送業
連動奉行

奉行シリーズと連携し、各種のニーズに応える多様なラインナップ

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)