社会福祉法人向け財務会計ソリューション:パワフル会計[社福]【奉行Solutions】

社会福祉法人向け財務会計ソリューション
社会福祉法人における特有の会計業務に対応。
パワフル会計[社福]
対応業務:
財務会計業務
対応業種:
社会福祉法人
連動奉行:
給与奉行・固定資産奉行

こんな課題を解決します

課題1現行システムでは科目の階層が少なく、自法人にあった管理帳票をExcelなどで作成している。

解決策
固定科目に対する補助科目の階層設定ができ、きめ細やかな内部管理をスピーディに行うことができます。

詳細な銀行別・口座別管理機能

細・細々科目の設定を行うことにより、銀行別・口座別の残高管理が正確に行えます。また、補助元帳では、それぞれの口座ごとの明細情報を確認できます。支払先や収入先の集計をすることも可能です。

資金収支の下位科目の予算管理が可能

資金収支科目においては、補助元帳の下段に予算残を表示するため、常に予算を意識して業務を進めることができます。

課題2介護用品など、細かな物品の毎月の使用状況を確認したいが、必要な情報が得られない。

解決策
摘要をコード化、いつでも摘要レベルでデータ集計や参照が可能になります。また、次年度の予算案作成時にも活用できます。

摘要ベースでの集計表作成

仕訳入力時にマスター化された摘要を入力する事で、摘要を元にした集計表が作成できます。一つの仕訳行に摘要①と摘要②の2つの摘要コードを入力できますので、①②のそれぞれの集計表が作成できます。

科目ベースで摘要集計が可能

上記と同様の形式で、科目をベースとした摘要集計表の作成も行えます。
「科目別」「摘要別」と様々な見方ができますので用途により、使い分けができます。

課題3遠隔地にある各施設の会計情報を収集し、本部と合算した管理が必要であるが、再登録や計算に時間を要する。

解決策
分散入力や自動合算する仕組みを導入。施設ごとの決算書はもちろん、合計された法人の決算書が即座に作成できます。

離れた施設のデータを一本化

別々の場所で入力したデータを本部で取り込み、各施設のデータを合わせて、法人としての一元化した月次帳票や決算書を作成できます。

【分散入力システム】:入力専用の端末システムで、仕訳入力~日次帳票の出力まで可能。パワフル会計「社福」に端末データを送る。
【合算システム】:パワフル会計「社福」で入力した仕訳データを合算システムで取り込み、取り込んだ残高及び仕訳データと本部のデータを集計できる。

様々な合算パターン

本部・各施設で登録されている各会計を、同じ会計コード毎に合算する「会計毎合算」、任意に会計を指定して一つの会計にまとめる「任意合算」の2種類の合算処理方法を選択できます。「任意合算」では、合算したいデータを自由に選択できます。

業務フロー図

※帳票は社会福祉法人会計基準に準拠した帳票を網羅した形でご用意しています。

価格(税抜表示)

550,000円〜

  • ※ 上記は、スタンドアロン版の価格です。ネットワーク版・オプションシステムもご用意しています。
  • ※ 詳しくはお問い合わせください。
対応業務 財務会計業務
対応業種 社会福祉法人
連動奉行

奉行シリーズと連携し、各種のニーズに応える多様なラインナップ

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)