業界導入実績No.1 建設業の基幹業務システム 会計連携

どっと原価NEOシリーズ

  • 会計
  • 工事原価管理

建設業の基幹業務を会計まで一気通貫!生産性向上をサポート

「どっと原価NEO」で処理された各種取引・原価データを「勘定奉行クラウド」に自動連携し、仕訳入力や取込作業の手間がなくなり、大幅に経理業務を省力化できます。

売上・入金・仕入・支払の仕訳情報の取込作業がなくなる

  • どっと原価NEOから仕訳情報を予め設定したフォルダに出力

  • 本部にて仕訳情報を取込み

  • 工事完成時の振替仕訳・立替/相殺伝票も仕訳情報として自動取込

二度手間が発生しがちな全社の業務をトータルにサポート

案件・予算・原価管理から支払請求・アフターフォロー管理まで一連の業務を合理化し、情報の一元化が可能になります。Excel等で分断されていた業務や、二度手間がなくなり、業務生産性を向上できます。

業績評価指標の見える化で経営への的確な判断をサポート

帳表をカスタマイズできるExcelフリーで見たい軸で自由に帳票を設計できます。工事進捗・利益状況や生産性向上などの KPI(業績評価指標)をリアルタイムに見える化することで、経営への的確な判断をサポートします。

ずっと安心の保守サポート

フリーダイヤルでの問い合わせ対応とリモートメンテナンスサービスによる迅速・的確な運用サポートと、常に最新のシステムをご提供します。(クラウド版は利用料金に込み、オンプレ版は別途保守契約が必要です。)

サービス年間利用料
(クラウド版):312,000円~
(オンプレ版):350,000円~
サービス連携年間利用料
60,000円

・サービス年間利用料は「どっと原価NEO クラウド」基本モジュール(1ユーザー/会計連動オプション付き)の参考価格です。・パッケージ価格は、どっと原価NEO LTスタンドアロン版 for 奉行(会計連動オプション付き)の参考価格です。・いずれもユーザー数やシステム構成などによって変動します。詳細はお問い合わせください。

対応奉行製品
勘定奉行クラウド
※対応予定 勘定奉行クラウド[個別原価管理編]
連携するデータ
売上データ,仕入データ,入金データ,支払データ,完成振替データ
連携する処理
仕訳起票
連携方法
ファイル連携

※どっと原価NEO側に勘定奉行クラウドの部門・科目・補助科目・取引先マスタのコードと名称の事前登録が必要です。・どっと原価NEO側に会計連動オプションが必要です。・勘定奉行クラウドは、API Versionが必要です。
サービス提供元
株式会社建設ドットウェブ

お問い合わせ

製品サービスのデモのご依頼や、導入のご相談、詳細資料のご請求は、
下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)