請求書の電子発行

請求書を電子発行できる機能を標準でご提供します。

スケジュール設定・自動配信

スケジュール設定・自動送付

指定の日時に確実に自動配信

請求書データの配信スケジュールを設定でき、指定の日時に自動的に請求書データが取引先に送付されます。送付方法は、メールにPDFデータを添付して送付する方法に対応しています。※対応予定:Web参照用URLの自動配信

スケジュールの設定例
  • 請求書発行日の当日18時に送付する
  • 請求書発行日の翌日9時に送付する

請求書の再送

請求書の再送

請求書の再送はたった1クリック

取引先の要望などで請求書データを再送する場合は、画面上から指定してワンクリックですぐ送付できます。再送のために、紙の請求書を印刷・郵送したり、控えをスキャンしてメールに添付したりする手間が一切無くなります。

タイムスタンプ自動付与

タイムスタンプ自動付与

受領側も発行側もペーパレス化

請求書のPDFデータに自動でタイムスタンプが付与されるため、電子帳簿保存法に対応でき、受領側の請求書の紙保管が不要になります。発行側も、一度も紙に出力せずに電子データで送付する「電子取引」に該当するため、双方でペーパレス化を実現できます。

電子帳簿保存法に対応
奉行Edge請求管理電子化クラウドは、電子データで請求書のやり取りを行い、検索機能の確保など一定の要件を満たしており、電子帳簿保存法(電子取引の取引情報保存)に対応しています。※受領側の企業は、主要な記録項目での検索機能の確保が必要です。

オリジナルフォーム(指定用紙の電子化)

指定用紙をそのまま電子化

商奉行クラウドや債権奉行クラウドのオリジナルフォーム機能により、指定用紙の電子化に対応できます。あらかじめ用意されているフォームの編集や社印出⼒、任意の⽂字や線の追加が自由に行え、従来の請求書フォームを変えずに取引先にも負担なく電子化を実現できます。

対応用紙
  • 明細請求書
  • 伝票請求書
  • 合計請求書
  • 納品書
  • その他、オリジナルフォームで設計した指定用紙

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)