ファームバンキング(FB)・エレクトロニックバンキング(EB)システムなら【OFFICE BANK21】:機能・特長

ファームバンキング(FB)・エレクトロニックバンキング(EB)システム OFFICE BANK21

OFFICE BANK21 資金集中・配分システムはこちら

金融機関取引業務に関する経理担当者の負担を“ズバリ”解決します。

主な特長

OFFICE BANKならではの多彩な機能のご紹介です。
これらの機能により、快適・安心・スムーズに業務を行うことができます。

導入ウィザード

導入時の複雑な環境設定、接続先情報登録、口座情報登録を1つのメニューで完了できる、導入ウィザードをご用意いたしました。画面の案内にしたがって登録作業を行うので、初めてという方でも安心です 。

金融機関情報ダウンロード機能

銀行支店辞書ダウンロード後は、登録済のマスタと最新の辞書を比較し、チェックリストを出力することが可能です。

金融機関とその支店の情報である銀行支店辞書についてはインターネットを経由しいつでも最新の情報をダウンロードできるサービスもご提供しております( 保守契約 ご加入のお客様対象 )。統廃合によって変更のある銀行コード・支店コードも簡単に更新することができます。
※プロバイダー契約が必要です。また、FTPプロトコルを使用できる環境である必要がございます。

高度なセキュリティ機能による格段の安全性

OFFICE BANKでは利用者ごとにパスワードの設定を行うことができます。さらに、利用者ごとに処理可能な操作・振込データの上限金額を決めることもでき、不正な操作を防ぐための安全性を備えています。加えて、利用者が行った操作については履歴が残るため、管理者は利用者の操作を一目で把握することも可能です。

データ受入機能

表計算ソフトなどで作成された振込先情報・社員情報・引落先情報をOFFICE BANKにマスタデータとして受け入れることができます。またベストセラービジネスソフト奉行シリーズをお使いの場合には、よりスムーズなデータ移行が可能です。 また、表計算ソフトなどで作成された金額情報についてもOFFICE BANKの振込データとして受け入れることができます。現在の業務習慣を損なうことなくOFFICE BANKをご導入いただけます。

データ転送・編集・外部出力機能

OFFICE BANKで作成した振込データを他のアプリケーションソフトに出力することができ、必要に応じて加工してご利用いただけます。また、入出金情報・口座振替結果情報についてはCSV形式・全銀形式で外部出力ができますので、お使いのシステムにスムーズにデータを受け渡すことが可能です。

金融EDI対応(特許平10-220481号)

振込データに全銀協標準のEDI情報を添付することが可能です。 これにより取引先企業での売掛金消し込み処理などの業務を効率よく行うことができます。

振込手数料自動差引機能

振込金額を入力すれば振込手数料を計算し、振込金額から差し引きを行います。振込先ごとに当方負担・先方負担と異なる場合にも対応可能です。

通信結果印刷の充実

通信結果について印刷を行うことが可能です。特に全銀協TCP/IP手順では、送受信内容についても確認することができます。

製品トップ
奉行シリーズとの連動



お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)