奉行Open-DB データ活用DB

奉行Open-DBは、奉行V ERPに蓄積された基幹データを優れたコストパフォーマンス
自由に活用できる開かれたデータベースです。

  • 特長 大容量処理の高速化
    奉行Open-DBは、製品データベースとは別に、独自に管理できる高速処理に対応した集計専用データベースです。「明細データ」と「残高データ」を分けて保持するシンプルなデータ構造で、月次や年次ごとの集計の高速化を実現します。
  • 特長 自由なデータ活用
    用途に応じてデータベースを自由に追加・設計でき、パッケージを超えた自由度の高い分析軸をご提供します。テーブルレイアウトのテーブル名が日本語表記のため、活用しやすい仕様になっています。
  • 特長 外部システムと柔軟に連携
    外部システムから奉行Open-DBへのアクセスを許可し、データの自由な活用を実現します。Excelや連結決算システム、BI・レポーティングツール等、外部システムと柔軟に連携可能です。
優れたコストパフォーマンス
利用価値に応じた
最適なコストパフォーマンスを実現
イニシャルコストが要らず、利用料のみで始められ、初期コストを抑えて導入できます。外部システム連携や帳票開発しやすいテーブルレイアウト構造のため、開発コストを抑えて自由なデータ活用が可能です。利用価値に応じた最適なコストパフォーマンスを実現します。
奉行Open-DB
クラウド環境でご利用いただけます
プライベートクラウド、IaaS・PaaSなど様々なクラウドで運用可能
プライベートクラウドでもパブリッククラウドでも、IaaS・PaaS・SaaS、どんなクラウド環境でもご利用いただけます。
必要な時に、必要な業務単位で、最適なクラウド環境をご提供します。

奉行Open-DBの活用シーン

  • 「Excel連携帳票テンプレート」で
    誰でも簡単に定型帳票の作成、データ利活用が可能です。
    奉行Open-DBと連携したExcel帳票テンプレートを無償で提供しますので、自身の奉行Open-DBに接続してそのままご利用いただけます。Excelを開く都度、奉行Open-DBから定型帳票に数値を反映し、ピボットでのデータの絞込、複数軸での集計等、自由なデータの利用・加工が可能です。
    奉行Open-DBの活用シーン
  • 外部システムと柔軟に連携し、連結決算、経営管理を効率化します。
    様々な基幹システムのデータを集約し、連結決算システムなどの外部システムへデータを一括転送することができます。
    外部システムと柔軟に連携し、連結決算、経営管理を効率化
  • グループ企業を横断したデータ分析・データ活用を実現します。
    グループ個社のデータを集約・合算して格納できるため、グループ企業を横断した分析やデータ活用が可能です。グループ企業を同じ分析軸で集計し、横並びにした分析や、明細データまで追跡することも可能です。
    グループ企業を横断したデータ分析・データ活用を実現

関連する事例

奉行V ERPの製品

会計業務の統合管理と効率化で、企業の経営力を強化

人事労務業務を統合化し、組織のパフォーマンスを向上

ビジネスの変化や多様性に対応し、業務スピードを向上

業務システム運用を包括的に管理し、運用管理コストを削減

自由に使える公開型データベースで、多様なデータ活用を実現

奉行クラウド Gropu Share model

グループの複数企業のシステムを
共通化できる業務クラウド

奉行VERP Group Managiment-Edition

グループ経営合理化に最適な
エンタープライズ版

勘定奉行クラウド GlobalEdtion

グローバル企業の現地会計を
リアルタイムに統合管理

奉行VERP Premium Edition

企業のDXを支援、クラウドERPの
導入・運用をオールインワン提供

お問い合わせ

製品の詳しいご相談・カタログ請求は下記の専⽤フォーム
またはお電話にてお問い合わせください。

〈お客様専⽤フリーダイヤル〉
0120-121-250
10:00~12:00∕13:00~17:00 (⼟・⽇・祝⽇を除く)