運用モデル

財務会計システム 勘定奉行10[個別原価管理編]の運用モデルについて

お客様の要件に合わせて、
さまざまな運用モデルをご提案します。

モデル1. プロジェクト別 支払経費・外注費管理効率化モデル

プロジェクト単位で発生する経費、外注費の支払管理を効率化できます。

  • 支払予定管理から消込、仕訳起票、支払FBデータの作成まで行えます。
  • 仕訳起票時にプロジェクト別・案件別が指定でき、経費・外注費として管理できます。
  • 領収書などの証憑をクラウドにアップロードし、仕訳伝票に紐づけできます。
    タイムスタンプに対応し、紙をファイリング・保管する手間をなくします。
導入製品・サービス

勘定奉行10[個別原価管理編] / 支払管理オプション / 証憑保管サービス

モデル2. プロジェクト別 労務費管理最適化モデル

労務費配賦の自動化が、給与業務の効率化と同時にできます。

  • プロジェクト・案件別の勤務実績記録(日報情報)を、勤怠情報として給与計算に活用できます。
  • 給与計算結果から、総支給額・法定福利費を労務費として各プロジェクト・案件に配賦できます。
導入製品・サービス

勘定奉行10 [個別原価管理編] / 給与奉行10

モデル3. プロジェクト別 材料原価・仕入在庫管理効率化モデル

プロジェクト単位の材料仕入・在庫管理のデータから材料費が把握できます。

  • 材料の適正在庫の確保や発注管理を効率的に行えます。
  • 在庫割れが発生すると自動的にアラート通知を受けることができます。
  • 仕入・支払情報を連携し、材料費として自動計上できます。
導入製品・サービス

勘定奉行10[個別原価管理編] / 蔵奉行10

会計システムラインナップ

従来シリーズとの比較

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)