仕様・動作環境

クラウド型の勤怠管理ソフト・勤怠管理システム 就業奉行11(勤怠管理クラウド)の仕様・動作環境について

主な仕様

会社情報登録
管理可能領域数 最大9,999
データ複数年保持 無制限
会社コード 英数10桁
会社名 60文字
会社運用設定
暦表示 和暦or西暦
部門
部門登録可能件数(推奨)スタンドアロン版:300部門 / ネットワーク版:500部門
部門コード 英数カナ1~15桁
部門名称 40文字
社員/担当者
社員/担当者登録可能件数(推奨)スタンドアロン版:300名 / ネットワーク版:500名
社員/担当者コード 英数カナ4~10桁
社員/担当者名 30文字

動作環境

OS
・Windows 10
※日本語OSの64ビット版(x64)に対応しています。
インターネット
本製品は、インターネット接続環境が必要です。
※本製品の奉行iメニュー画面上に、弊社からのお知らせ(法改正などの有益な情報)が表示されます。
なお、非インターネット接続環境の場合は、最新のプログラムが提供された際やOMSS契約を更新する際に、手動でダウンロードして更新する作業が必要になります。
適応機種
プロセッサ:
インテル Core i3 プロセッサ 以上(推奨:インテル Core i5 プロセッサ 以上)
または同等の互換プロセッサ
メモリ:
4GB 以上 (推奨:8GB以上)
データベース
SQL Server 2019
※日本語版に対応しています。
※本製品では、SQL Server 2019 Express Edition をセットアップできます。
※1データベース領域として、最大10GBまで使用できます。
※本製品のデータベースとして、SQL Server 2019 の上位エディションを使用される場合は、SQL Server の1クライアントライセンスが消費されますのでご注意ください。
ハードディスク
3GB以上必要(データは除く)
ディスクドライブ
DVD-ROMドライブが必要
解像度
横 1024 × 縦 768 以上を推奨

上記は、業務担当者が1名の場合の動作環境です。
従業員が利用する場合および複数の業務担当者でご利用の場合の動作環境は、下記のボタンより詳細な資料をご確認ください。

仕様・動作環境の詳細ダウンロードはこちら

他の奉行製品と一緒に利用することで、
さらに業務を効率化できます。

OBC人事労務システムラインナップ

奉行クラウド

企業活動におけるすべての業務をつなぐ企業における心臓の役割を担います。
集約した業務データを企業の誰もが安全かつ自由に活用できビジネスを加速できる環境を提供します。

  • /bugyo-cloud/kyuyo

奉行V ERP

奉行V ERPは、中堅・上場企業特有の経営課題の即戦力となり、迅速な課題解決に貢献します。 また、制度改正や、AI・RPAなどのテクノロジーの進化など、めまぐるしい環境変化に即対応し進化し続けることで、さらなる企業成長を支える即戦力であり続けます。

人事労務
グループ人事労務

奉行11シリーズ

めまぐるしい環境変化にもいち早く・確実に対応し、これからも将来にわたって確実に対応。
変化に強く、安心して長く使い続けられます。

追加オプション&ソリューション

奉行J11シリーズ

操作のしやすさ、わかりやすさ、見やすさなど、誰でも使いこなせるための機能、工夫を凝らしたソフトです。

無料お試し

就業奉行i11を無料でお試し利用いただけます。

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)