機能

帳票確認・分析もスピーディ

元帳・試算表をすぐに出力
帳票間の移動もスピーディ

貸借対照表や損益計算書、内訳表や元帳といった会計帳票をすぐに出力できます。気になる明細から元帳や仕訳伝票まで瞬時に追跡できるため、修正が必要な場合もスムーズに行えます。

集計条件をボタンで切り替え

集計期間や勘定科目・部門など、画面を開いたまま集計条件をボタンで切り替えることができます。

部門や取引先を軸にかんたん集計

部門・補助科目・取引先・摘要別に試算表を集計し、出力することができます。部門ごとに売上状況を把握するなど、様々な視点で試算表を活用できます。

出力可能な帳票

  • 部門集計表
  • 補助科目集計表
  • 取引先集計表
  • 摘要集計表

出力帳票一覧はこちら

実績推移や昨年対比で多角的に分析

月別の推移や昨年対比など、マネジメント視点で会計数値を分析することができます。部門や取引先を活用することで、より細かな数値の分析が可能です。

ワンクリックでグラフ化

棒グラフや折れ線グラフなど、分析帳票をワンクリックでグラフ化できます。出力したい項目にチェックを入れるだけで、自動的にグラフ化でき、視覚的な分析が可能です。

その他にも経営に欠かせない様々な機能をご用意

予算管理
月別や部門別の予算管理が可能です。予算の登録時は、昨年の実績を見ながら入力でき、日々の仕訳データから自動で集計された実績をもとに達成率などを自動計算できます。
経営分析
経営戦略を立てる指標として、経営分析や損益分岐点分析が可能です。ROAやROEといった利益率や回転率、過去実績との比較やシミュレーションが可能です。
部門実績配賦
社員人数や売上実績などをもとに、部門ごとの配賦伝票をワンクリックで作成することができます。また、帳票作成時は配賦伝票を含めない集計が可能です。
出力様式登録
制度会計上の科目体系とは別に、管理会計用の自由な科目体系を作成できます。設定した科目体系は、様々な帳票の集計に活用できます。
管理会計拡張アセンブリ
仕訳として登録された会計情報のほかに、顧客人数など、非会計情報などの項目を自由にレイアウトし、管理会計帳票を作成できます。
資金管理拡張アセンブリ
日繰り表や資金繰シミュレーションが可能です。また、債権債務情報を連携し、将来の資金予測も正確に把握できます。

※2019年以降提供開始予定

勘定奉行クラウドの機能詳細を
確認できる資料はこちら。

カタログ請求

製品のデモのお申し込みやご質問、ご相談など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談