データ自動連携

APIを利用し、あらゆるシステムやクラウドサービスとシームレスにつながります。
外部システムとのデータ自動連携により生産性の高い業務を実現します。

  • ※ API(Application Programming Interface)を利用した他システム連携は、「勘定奉行クラウドAPI Version」が必要です。

外部システム連携(CSVファイル)

CSVファイルの連携作業の自動化で、手間がなくなります

外部システムの取引先データや外部システムからの仕訳伝票データの受入・作成作業の自動化で、連携作業の手間がなくなります。指定フォルダーにCSVファイルを保存するだけで、スケジュールに応じて「奉行クラウド自動実行エージェント」が奉行クラウドへのデータ受入・作成作業を自動で実行します。

※ 奉行クラウド自動実行エージェントのご利用料金は、年額60,000円(税抜)~となります。
複数の外部システムやサービスと連携する場合は、料金が異なりますのでお問い合わせください。

POSレジ連携
(スマレジ)

毎日の売上・入金データを計上するクラウドPOSレジ「スマレジ」と完全自動連携することで、日々のレジデータを送信する業務がなくなります。

毎日の売上・入金データの送信作業がなくなる
  • 店舗のレジからデータを出力し本部へ送信
  • 本部にて各店舗のデータを受け入れ
  • 修正時の本部での赤黒処理

奉行APIコネクトサービス スマレジを見る

Microsoft Office連携
(Office365)※ 対応予定

多くの企業に利用されているOfficeと奉行クラウドがシングルサインオンでシームレスにつながることで、情報共有のための業務プロセスがなくなります。

情報共有のための作業がなくなる
  • 部門集計表や予算実績推移表などをExcelに転送する
  • Office 365にログインする
  • Excelファイルをメールに添付して配信する
情報共有のための業務プロセス図

Web請求書クラウドシステム連携
(BtoBプラットフォーム請求書)

請求書(買掛金)に関わる仕訳入力の手間がなくなります

取引先との請求書のやりとりを、電子データで行う「BtoBプラットフォーム 請求書」で受け取った請求情報を仕訳伝票データとして連携することで、入力作業をなくすことができます。

受け取った請求書に関する仕訳伝票の入力作業がなくなる
  • 請求書データを出力し、財務会計システムに受け入れる

奉行APIコネクトサービス BtoBプラットフォーム請求書を見る

経費精算クラウド連携
(楽楽精算)

経費に関する仕訳伝票入力の手間がなくなります

「楽楽精算」にて精算が完了した情報を、仕訳伝票データとして自動連携することで、仕訳伝票の入力作業をなくすことができます。

経費精算に関する仕訳伝票の入力作業がなくなる
  • 精算データを出力し、財務会計システムに受け入れる

奉行APIコネクトサービス 楽楽精算を見る

情報共有のための業務プロセス図

無料お試し

勘定奉行クラウドを30日間無料でお試し利用いただけます。

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)

新規CTA