導入事例

勤怠管理業務の自動化で働き方改革や生産性向上を実現された
「お客様の声」や「インタビュー動画」をご紹介します。

お客様の声

直行直帰で働く技術検査員の労働時間を適正に把握。打刻の徹底を実現するステップとは

  • 検討のきっかけ
    直行直帰で現場を移動する技術検査員の労働時間把握が必須に
  • 導入の決め手
    スマホでGPS打刻が可能なシステムでリアルタイムに労働時間を把握できる
  • 導入効果と次なるステップ
    平均有給取得日数が4日以上増加、残業平均時間が5時間以上減少し、さらに打刻の定着に向けて技術員の働き方改革の乗り出す
ueda

株式会社サンテクノス様

  • 51~100名
  • 技術サービス業
事例を見る

労働時間の可視化によって残業抑制を意識!与えられた時間のなかで最大限の成果が出せる職場環境を目指して

  • 検討のきっかけ
    手作業で勤怠管理が限界に迫られる働き方改革対応
  • 導入の決め手
    アラート機能やクラウド環境、法・制度改正対応を評価
  • 導入効果(従業員の働き方の変化)
    残業時間を自ら管理する動きが顕在化し、マネージャーのマネジメントの在り方が変化
BSフジ

株式会社ビーエスフジ様

  • 51~100名
  • 放送・情報通信業
事例を見る

勤怠管理システムが後押しする“上田組流”働き方改革!残業時間の上限規制が適用される5年後を見据えて

  • 検討のきっかけ
    対応が必要な残業時間の上限規制、労働時間の実態把握が必要不可欠に
  • 導入効果(従業員の働き方の変化)
    打刻ツールの使い分けで労働時間を適正に把握でき、自然と早めの帰宅を心掛けるように
  • 導入効果(総務の業務時間削減)
    集計作業は不要になり、数分のチェック作業だけで完結
ueda

株式会社上田組様

  • 101~300名
  • 建設業
事例を見る

勤怠情報の可視化により、自ら働き方改革を推進する環境に

  • 検討のきっかけ
    手書きの出勤簿とExcelによる勤怠集計で勤怠締日に作業が集中
  • 導入の決め手
    指静脈認証によるなりすまし打刻の防止とセキュリティ面を重視
  • 導入効果
    勤怠管理を1名で完結できるようになり、総務部門に時間的余裕が生まれた。また、勤務の実態を知ることで自ら改善行動する環境に
埼玉日産

埼玉日産自動車株式会社様

  • 1001名以上
  • 自動車販売業
事例を見る

勤怠管理が働き方を変え、会社の変革を促す!150年以上の歴史を誇る酒造が挑んだのは若手従業員がチャレンジできる職場環境の構築だった!

  • 検討のきっかけ
    仕事を覚えると離職する営業!人手不足のなか採用が困難に
  • 導入までの道のり
    「会社の未来のために」という想いを胸に、時間をかけて現場を説得して回った
  • 導入効果
    全従業員の働き方が変わりつつある!課題だった営業メンバーの離職がゼロに
花の舞酒造株式会社

花の舞酒造株式会社様

  • 51~100名
  • 酒造業
事例を見る

勤怠管理のクラウド化で実現した漁協の働き方改革、「深夜残業が減ったんです」打刻の定着を果たした苦労の末に驚きの効果

  • 検討から導入まで
    迫られる労働法令への対応、運用の選択肢が多いことから奉行の導入を決意
  • 導入効果(業務時間の削減)
    市場でもスマホひとつで打刻が可能に、勤怠申請に必要な7段階のスタンプラリーもなくなった
  • 苦労と効果
    21時には事務所から人がいなくなり、残業時間が大幅に減少し、「見える化」で残業マネジメントができる組織へ
羅臼漁業協同組合様

羅臼漁業協同組合様

  • 51~100名
  • 漁業協同組合
事例を見る

インタビュー動画

花の舞酒造株式会社
  • 51~100名
  • 酒造業

勤怠管理が働き方を変え、会社の変革を促す!
150年以上の歴史を誇る酒造が挑んだのは若手従業員がチャレンジできる職場環境の構築だった!

事例を見る
BSフジ
  • 51~100名
  • 放送・情報通信業

労働時間の可視化によって残業抑制を意識!
与えられた時間のなかで最大限の成果が出せる職場環境を目指して

事例を見る
ueda
  • 101~300名
  • 建設業

勤怠管理システムが後押しする“上田組流”働き方改革!
残業時間の上限規制が適用される5年後を見据えて

事例を見る

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)