機能

会計ソフト・財務会計システム 勘定奉行10の内部統制・IFRS対応機能について

上場企業やこれからIPOを目指す企業様へ。
勘定奉行は、内部統制会計監査・IFRS対応
必要な企業を支援します。

内部統制への対応機能

強固な締処理奉行V ERP

月次や決算の仮・本締めに対応し、会計データの正確性を確保します。本締め処理後の修正を制限するのはもちろん、仮締め処理後の変更レポートを出力することができます。

承認処理(職務分掌)奉行V ERP

仕訳承認のプロセスを最大2段階で設計でき、企業のルールに併せた柔軟な運用が可能です。自己承認された仕訳伝票がないかを簡単にチェックでき、不正な手順での登録をなくします。

  • 不正仕訳の入力制限

    貸借の金額が不一致の仕訳や不正な仕訳を入力した場合、エラーを表示して登録できないよう制限します。

  • セキュリティ機能

    メニュー権限やパスワードポリシー管理、ログ・履歴管理などのセキュリティ機能により、内部統制対応を支援します。
    セキュリティ機能の詳細はこちら

内部統制への対応機能

複数帳簿への対応奉行V ERP

複数の科目残高を持つことができ、IFRSに柔軟に対応できます。IFRS組替仕訳を起票することができるため、グループ連結においてIFRS基準による財務諸表を作成する際にも、作業負荷を個社単位に分散することができます。

  • 過年度遡及修正への対応奉行V ERP

    会計上の締め処理の信頼性を損なわないよう、締め処理を解除せずに専用メニューから過年度遡及修正が行えます。

  • 参照権限の設定奉行V ERP

    IFRS組替仕訳を起票できる担当者を制限できます。権限がない担当者には、すべての関連機能が表示されません。

会計システムラインナップ

従来シリーズとの比較

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)