会計ソフト・会計システムなら【勘定奉行のOBC】:運用モデル

運用モデル

お客様の要件に合わせて、
さまざまな運用モデルをご提案します。

モデル1. 債権債務管理の徹底効率化モデル

債権債務周りの業務から証憑保管まで効率化します。

  • 入金・支払予定管理から消込、仕訳起票、支払FBデータの作成まで行えます。
  • FB入金データを取り込み、仕訳の自動起票が可能です。
  • 領収書などの証憑をクラウドにアップロードし、仕訳伝票に紐づけできます。タイムスタンプに対応し、紙をファイリング・保管する手間をなくします。
導入製品・サービス

勘定奉行10 / 支払管理オプション / 入金管理オプション / 証憑保管サービス

モデル2. 会計レポートスピード化モデル

複数拠点の会計データを一元化し、部門損益のレポート作成と情報共有を自動化できます。

  • 支店・営業所等の遠隔拠点から仕訳入力でき、会計データを一元化できます。
  • 店舗別人数などの非会計情報を含む部門別損益管理表をはじめとした自社独自の会計レポートを、いつでもリアルタイムな実績値をもとに作成できます。
  • スケジュールを設定しておけば、会計レポートの作成からマネージャー等への共有まで自動化できます。
導入製品・サービス

勘定奉行10 Networdk Edition / 管理会計オプション

モデル3. グループ企業の会計基盤統一モデル

グループ子会社の会計基準の統一により、早期決算・実績把握を実現できます。

  • 会計システムを共通化することで、グループの実績把握と決算時の会計データ収集が迅速に行えます。
  • 日本基準とIFRS基準など、複数基準での償却計算に対応できます。
  • 制度改正時の対応不可とコストを削減できます。
  • シェアード運用が可能です。
導入製品・サービス

勘定奉行V ERP10 Enterprise Group Management-Edition / 固定資産奉行V ERP10 Enterprise Group Management-Edition
奉行V ERP Enterprise Group Management-Editionについて詳しく知りたい方はこちら

従来シリーズとの比較

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)