機能

税務申告ソフト 申告奉行10[内訳書・概況書編]の複数名運用機能について

財務部門全体での統一された運用を実現できます。
豊富な統制機能により申告ミスを未然に防ぎ、税務コンプライアンスを支えます。

チーム運用機能奉行V ERP

財務部門全体で運用を共通化し、複数名で同時に作成を行うことで、効率よく正確な申告業務を実現できます。

作成済内訳書・概況書のロック(確定処理)奉行V ERP

既に完成した内訳書・概況書データを誤って操作されないように、確定することで編集不可にできます。データ確定または解除した履歴が自動記録されるため、正確性の検証に役立ちます。

利用者別の権限設定

利用者ごとに編集できる内訳書を指定するなど、メニュー単位で権限を設定できます。出力権限や参照権限などの細かな設定にも対応可能です。

操作ログの自動記録

登録・修正・削除・印刷などの操作履歴が自動的に記録されます。誰がどの内訳書・概況書を操作したのかをかんたんに特定できます。

会計システムラインナップ

従来シリーズとの比較

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)