OBCの未来を担う 社員インタビュー

INSIDE OBC

難しいからこそ、チャレンジしがいがある。
業務効率化で多くの企業をサポートしたい!

開発本部BPRチーム荒川 達朗

2003年入社。入社当初から次世代製品の開発に携わり、奉行シリーズの基盤の開発やクラウドの基盤の設計、開発に最前線で取り組む。現在は新プロジェクトのリーダーとして、新たなクラウド関連サービスの開発を目指している。

基幹業務だけではなく、企業全体の業務を支えるプラットフォームを開発中!

私は昔からものづくりに興味があって、おもちゃのメーカーに就職したいと考えていたこともあったんですよ(笑)。縁あってOBCの企業説明を受けると、子どもに夢を与えるおもちゃもいいですが、企業の業務を効率化することで社会貢献ができるOBC製品の開発に非常に興味がわき、就職を希望しました。入社後は、特にセキュリティを軸にした基盤全体と運用管理部分などの開発を担当。現在は開発部のBPRチーム(ビジネスプロセスリエンジニアリング)で企業業務全体の基盤をサービス化する新規プロジェクトのリーダーをやっています。このプロジェクトは従来のサービスの開発とは一線を画しているため、ゴールを明確にしつつ、メンバーとともに協力し合って進めているんですよ。

プロジェクトの目標は、企業における従業員の申請・承認や業務手続きなどをオートメーション化できるサービスを提供すること。企業の中ではたくさんの従業員がさまざまな業務を行っていて、例えば扶養家族の申請や年末調整の申告といった事務手続きには貴重なデータが伴います。こうした業務を自動化することによってデータ連携ができれば、企業全体の業務効率が飛躍的に向上するはずです。さらに、OBCがこれまでに提供してきた基幹業務とも密接にかかわり合い、相乗効果を生み出すでしょう。これまでのOBC製品は業務担当者や経理部などの限られた方に使っていただくためのシステムでしたが、これを企業の中の従業員すべての方々に使っていただけるものにしようと考えています。従業員がそれぞれ自分のメインの業務に専念し、それ以外の雑多な業務は、スマートフォンやタブレットを使ってサクッと終わらせる。このようなシステムの開発に成功して、多くの企業をサポートできたらうれしいですね。

「常に最前線」をモットーに、お客様やパートナー企業との連携も大切にしています

私の仕事のモットーは、「常に最前線」。最先端の技術を使い、他のチームのメンバーも含めて開発の土台となる基盤を作る仕事ですから。そして、リーダーとして、何か問題があった時には常に最前線で動いていこうと心がけています。それにプラスして、新しいことにチャレンジし続けたいという気持ちも含まれた言葉ですね。

リーダーに任命されるまでは、自分自身がいかに成長していくかを考えていましたが、今ではチーム全体でどう成長していくかを考えるようになりました。自分の知らない技術をチームのメンバーがモノにしているのを知った時には、とても頼もしく、喜びを感じましたね。メンバーの成長とともに、チーム全体でできることを増やしていくこと。それが、OBCの製品を使用するお客様のためにもなるのではないかと考えています。

月に数回、サポートセンターでお客様と電話でお話しすることがありますが、OBC製品の「ここがいい」「ここが使いにくい」という生の声を直接お聞きすることができる、とても有益な時間です。また、パートナー企業の開発や営業の方と打ち合わせをすることが増えてきて、世の中の広さを感じています。開発畑の人間は、社内という閉じられた環境で仕事をしているイメージですが、電話でお客様とつながったり、外に出て多くの方と話し合ったりしながら仕事を進めていくことで新たな発見が生まれ、いい方向に進んでいけるのではないでしょうか。

子どもたちが成長した時代にはどんな世界になっているのか、今から楽しみ!

プライベートな話になりますが、私は2歳になる前の男の子の父親でもあります。OBCでは残業を極力減らそうという方針を進めているため、平日でも帰宅後に子どもと会えることが多く、一緒に遊んで楽しい時間を過ごすことができるんですよ。私が幼い頃は、父親は忙しくて家にいないのが当たり前のような時代だったので、今の環境はとてもありがたいですね。子どもの日々の成長のスピードには本当に驚かされます。見よう見まねでスマートフォンをシュッシュッとスワイプしたり、Siriを起動したりもできるんですよ(笑)。この子たちが成長した時の世界がどうなっているのか、今から考えるだけで楽しくなります。

仕事のチームにも若いメンバーがいますが、彼らがベテランになった頃には基幹業務システムはどのように変化しているのでしょう?その時代になっても社会のニーズに応え続けることができるOBCであり続けたいですね。

OBCのサービスで、お客様の業務コストを下げることが大きな目標です

私は社内結婚なので、たまに会社のメンバーを呼んでホームパーティーを開くんですよ。休日にまで社員の家族同士で集まるんですから、OBCはみんな仲がいいとつくづく思います。そのような社員の仲の良さにも通じるのでしょうが、OBCでは仕事上でも常に心を合わせ、同じ経営方針や企業理念、コンセプトをともに実践しているという特徴があるんですよ。私はOBCがお客様に好評価をいただいている理由は、信頼性や運用性といった機能面はもちろんのこと、心を一つにしていい製品を作ろうと考えている社員の人的な部分が大きいのではないかと考えています。

これからの目標は、今開発中の製品をできるだけ多くのお客様に提供すること。そして、今まで時間のかかっていた作業をシステム化によって効率アップさせることで、お客様の業務コストを下げることを目指したいです。

技術の進歩に応じて最先端をどんどん取り入れ、拡張していって、その時代に合ったものを提供し続けていきたいと思いますね。もっと先の目標としては、近年、話題になっているAIを、ぜひOBCのサービスに取り入れたいです。難しいからこそ、チャレンジしがいがあると思っています。

※各社員の所属およびインタビューの内容などは取材当時のものです。

他の社員を見る

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)