固定資産管理

固定資産管理業務を効率化する各種機能を標準でご用意しています。

資産情報管理

あらゆる種類の固定資産情報を
詳細に一元管理

現物の写真・稟議書などの関連ファイルや、設置場所・購入先などの、資産を取得してから除却するまでの一連の情報を豊富な管理項目で一元管理できます。

現物写真や書類データを無制限にクラウド保管

現物管理に欠かせない資産の写真や、見積書・稟議書・検収書などのスキャンデータを一元管理でき、ワンクリックでデータを確認できます。サーバー上のデータや紙の書類を探す無駄な時間がなくなります。

資産の所在や費目・購入先などを詳細に管理

資産を所有する部門や設置場所の登録が行え、正確な所在管理が行えます。販売費及び一般管理費・製造経費などの費目も管理でき、資産台帳での集計軸としても活用できます。

管理項目一覧
  • 資産勘定科目
  • 部門
  • 設置場所
  • 費目区分
  • 購入先
  • 資産種類
  • 構造
  • 細目
  • 用途
  • 摘要1~3

さまざまな資産管理に対応

有形・無形はもちろんのこと、繰延資産や非償却資産、消耗品などさまざまな資産の管理に対応しています。

管理可能な資産種類
  • 有形固定資産(建物・機械装置等)
  • 無形固定資産(ソフトウェア等)
  • 繰延資産(開発費・開発費等)
  • 非償却資産(土地等)
  • 消耗品
  • リース物件

償却額の自動計算

必要最小限の資産情報を登録するだけで、償却額や簿価などすべてを自動計算

資産の種類や構造・細目を選ぶだけで、最新の税制に基づいた耐用年数と償却率により正確な償却額を算出し管理できます。特別な状況により発生した償却計算などは、必要に応じて自動計算せずに手入力も可能です。

実務に必要なすべての償却方法を網羅

税制で求められるさまざまな償却方法に対応しています。新旧定率法/定額法はもちろん、三年一括償却や繰延資産など、さまざまな償却方法に細やかに対応しています。

償却方法
定額法、200%定率法、250%定率法、旧定額法、旧定率法、三年一括償却、のれん償却、繰延資産、税法繰延資産、消耗品、少額資産(中小企業)、リース期間定額法、非償却

クラウドだから、自動アップデートで常に最新の税制に対応できて安心

定期的に行われる税制改正にもプログラムが自動更新されるため、常に正しい償却率や計算方法で管理することができます。また製品起動時のダッシュボード上で最新の税制改正情報を教えてくれるため、制度改正に気を遣う必要がなくなります。

月次決算に必要な月次償却額を自動計算

年間償却額を月別に自動按分することができます。さらに手入力することも可能です。また、増加償却額も月別に自動計算されるため、計算作業は一切不要です。

資産のライフサイクル管理

取得から移動・除却・売却までのライフサイクルを詳細に管理

資産を取得してから除却するまでの一連の処理に対応し、各処理の詳細な情報をすべて一元管理できます。

資産のすべての移動履歴を細やかに記録

部門、設置場所、費目区分の移動処理が行えます。取得から現在までの移動履歴が管理され、履歴情報は帳票あるいは検索用のデータとして利用できます。また、会計システムとの連携時には、移動履歴の費目区分などを加味した正確な仕訳データの作成が可能です。

移動履歴情報
  • 複数回の移動履歴管理が可能
  • 固定資産の計上部門だけ移動処理を行うことが可能
  • 移動月の償却額を移動元・移動先のどちらで計上するか選択可能

除却・売却管理から有姿除却まで網羅

除却処理では、処分費用・売却価額に基づいて除却/売却損益を自動計上。除却時の簿価指定が可能です。有姿除却では貯蔵品計上・貯蔵品除却まで対応しています。※ 対応予定

除却・売却時の償却費の計上方法
  • 前期末まで計上
  • 前中間決算期末まで計上
  • 除却月まで計上
  • 前四半期末まで計上
  • 除却月の前月末まで計上

実務上に必要な、資産の一部除却・移動に対応 ※ 対応予定

資産の一部除却や一部移動に対し、細やかに対応できます。一部除却・移動を行う基準は、割合・数量・取得価額などの実務に沿った基準から選択いただけます。

資産の遊休や再稼働の管理も細やかに対応 ※ 対応予定

資産の遊休開始、再稼働の管理が可能です。遊休期間中も減価償却費を発生させる場合に、は営業外費用へと変更する移動情報が自動で作成されます。

特別償却や割増償却に対応し、複雑な計算が不要に

特別償却・割増償却に対応し、会計処理は「償却方式」と」「準備金方式」を選択できます。準備金方式の場合、当期の特別償却準備金の積立額・取崩額が自動計算され、取崩経過年数管理が可能です。

圧縮記帳に対応し、面倒な計算が不要に

圧縮記帳では、「積立金方式」「直接減額方式」に対応でき、差引取得価額をもとに償却額を自動計算します。積立金方式では、圧縮積立金の取崩額が自動計算されるため、面倒な計算作業は必要ありません。

資本的支出の資産を管理でき、合算特例にも対応

資本的支出は、本体の資産とは別途独立した資産として登録することで管理できます。また、資本的支出の取得価額の合算特例へ対応し、履歴を管理できます。 対応予定

資産情報一括処理

資産数が多くても、一括処理で効率アップ

取得・移動・除却などの業務や償却方法の変更を、画面上から一括登録・変更でき、データ取込により、まとめて登録することも可能です。

承認処理 ※ 対応予定

資産データの承認プロセスに対応

会計に影響の大きい資産情報の登録や修正を、上長が承認・否認するプロセスに対応できます。承認された資産情報だけが、帳票や申告データに反映されるため、固定資産やリース資産の処理に対するデータの正確性を保ちます。

固定資産管理資料

資産台帳をかんたんに自動作成でき、
簿価などの確認をスピーディーに

資産登録を行うだけで、さまざまな台帳・一覧表をリアルタイムに出力できます。用途に応じた台帳があらかじめ用意されており、出力する際の条件も細かく設定できるため、減価償却費や帳簿価格、資産移動による増加額/減少額などを見たい単位で即座に把握できます。

資産データの追跡や調査、修正も迅速に

資産の明細表から資産登録へワンタッチでドリルダウンが可能です。確認したい資産データの追跡調査や、資産情報の修正などを迅速に行えます。

月次決算に必要な減価償却費や簿価をすぐに把握可能 ※ 対応予定

各月の減価償却費、月末簿価、各月末時点での償却累計額を一覧形式で出力が可能。月次決算に必要な正確な減価償却費をワンタッチで把握することが可能です。

将来の減価償却費を確認でき、設備投資の判断に活用 ※ 対応予定

最大20年先まで減価償却予測が行え、来期分の月別予測も可能です。各資産の償却済時期を把握し、設備投資の判断材料として活用できます。

実務に合った集計方法とレイアウトに細やかに対応

固定資産台帳は、科目別などの集計軸や出力した資産情報など、自社の実務に応じて自由に選択して出力できます。また、出力段数や列ごとの出力項目など、台帳レイアウトも細やかに調整することが可能です。※対応予定

台帳レイアウトの調整可能な項目
  • 段数
  • 列数
  • 固定位置
  • 各列ごとの出力項目

帳票活用

Excel出力・メール共有もボタンひとつで

Microsoft Officeとシームレスに連携し、画面表示した帳票をボタン一つでExcel等に出力できます。出力ファイルを直接メールに添付して送信することもでき、情報共有にかかる手間を省きます。

出力帳票一覧(固定資産管理帳票)

  • 固定資産台帳
  • 取得資産台帳
  • 除却資産台帳
  • 移動資産台帳
  • 償却済資産台帳
  • 償却予定表
  • 償却推移表

※ 対応予定

出力サンプルを見る

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)