運用モデル

財務会計システム 勘定奉行10[建設業編]の運用モデルについて

お客様の要件に合わせて、
さまざまな運用モデルをご提案します。

モデル1. 工事原価管理対応モデル

入力作業を抑えつつ、精緻な原価管理に対応できます。

  • 工事進行基準に対応し、原価比例法を用いた原価の振替仕訳を一括で作成できます。
  • 見やすい自社独自のレイアウトに合わせて工事台帳、工事一覧表を出力できます。
  • 間接費・部門共通原価や労務費の工事への配賦を、自社で設定した配賦基準に基づいてかんたんに行えます。
導入製品・サービス

勘定奉行10 [建設業編]

モデル2. 工事別・業者別の支払管理徹底効率化モデル

支払業務に関わる別管理をなくし効率化します。

  • 工事別・業者(取引先)別に支払予定を管理でき、消し込み、仕訳起票、支払FBデータの作成まで行えます。
  • 支払手形や領収証の発行だけでなく、てん末管理や仕訳の自動起票により管理を効率化できます。
  • 紙手形だけでなく、電子記録債権、ファクタリング、期日現金までの金銭債権の管理ができます。
導入製品・サービス

勘定奉行10[建設業編]  / 支払管理オプション / 電債・支払手形管理オプション

モデル3. グループ企業の会計基盤統一モデル

グループ全体の会計基盤を統一し、標準化と内部統制の整備を実現できます。

  • 消費税改正をはじめとした制度改正時の対応負荷とコストを削減できます。
  • 複数の子会社で同じシステムを共用するシェアード運用が可能です。
  • 利用者ごと・会社ごと・部門ごとにアクセスできるメニュー・情報を制限でき、権限の無い利用者には不要な情報が参照できないよう制限できます。
導入製品・サービス

勘定奉行V ERP10[建設業編] Enterprise Group Management-Edition
奉行V ERP Enterprise Group Management-Editionについて詳しく知りたい方はこちら

会計システムラインナップ

従来シリーズとの比較

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)