機能

財務会計システム 勘定奉行11[個別原価管理編]の個別原価管理機能について

プロジェクト別の原価と配賦計算をふまえた採算性
わかりやすくかんたんに把握できます。

プロジェクト情報・プロジェクト別予算管理

サブプロジェクト・最大12回までの請負設定・収益認識基準などが管理でき原価管理に活用できます。予算はプロジェクトごとに99パターンまで登録でき、いつでも予算実績対比を確認できます。

原価管理体系登録

原価管理項目を自由に作成し、材料費・労務費・外注費・経費などの原価要素をはじめとした体系を自由に設計できます。自社に合わせた柔軟な個別原価管理を実現できます。

間接費配賦

間接費を企業独自の配賦基準に基づいてプロジェクトへ配賦できます。数値・時間・実績・請負金額の4種類の数値を配賦基準として採用でき、数クリックだけで配賦処理を完了できます。また、複雑な多段階配賦にも対応できます。

プロジェクト台帳・原価管理帳票作成

レイアウト変更機能により自社に適した使いやすい台帳作成が可能です。日々入力した仕訳がリアルタイムに各原価帳票に反映し、プロジェクト別・部門別に収支、予算消化率、原価推移、予算実績進捗を管理できます。

出力帳票一覧を見る
  • 「プロジェクト」項目の名称変更

    「プロジェクト」項目を「物件」「受注システム」など任意の名称に変更できるため、さまざまな業種に対応できます。

  • サブプロジェクト

    プロジェクト内の工程単位での管理など、より細かな個別原価管理に対応できます。

  • 労務費管理

    作業日報に社員の作業時間を入力し、労務費として各プロジェクトに配賦できます。

他の奉行製品と一緒に利用することで、
さらに業務を効率化できます。

OBC会計システムラインナップ

奉行クラウド

企業活動におけるすべての業務をつなぐ企業における心臓の役割を担います。
集約した業務データを企業の誰もが安全かつ自由に活用できビジネスを加速できる環境を提供します。

小規模法人向け専用 クラウド会計

勘定奉行クラウド iJシステム

業務クラウド エントリーモデル

奉行クラウド iEシステム

奉行クラウド Edge

従業員が行う申請等の定型業務の業務プロセスを改善し、従業員とバックオフィス双方が生産性高く働ける環境づくりに貢献します。

奉行V ERP

奉行V ERPは、中堅・上場企業特有の経営課題の即戦力となり、迅速な課題解決に貢献します。
また、制度改正や、AI・RPAなどのテクノロジーの進化など、めまぐるしい環境変化に即対応し進化し続けることで、さらなる企業成長を支える即戦力であり続けます。

会計
グループ会計
グローバル会計

奉行11シリーズ

めまぐるしい環境変化にもいち早く・確実に対応し、これからも将来にわたって確実に対応。
変化に強く、安心して長く使い続けられます。

追加オプション&ソリューション

奉行J11シリーズ

操作のしやすさ、わかりやすさ、見やすさなど、誰でも使いこなせるための機能、工夫を凝らしたソフトです。

無料お試し

勘定奉行i11[個別原価管理編]を無料でお試し利用いただけます。

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)