仕様・動作環境

主な仕様

管轄可能領域数
10
管理可能年数/1領域
無制限(HDDの空き容量まで)
商品コード
英数カナ4~15桁
商品名
36文字
商品登録件数
無制限(HDDの空き容量まで)
商品区分(指定可能数)
1~3
商品区分登録件数
999件
仕入先コード
英数カナ4~13桁
仕入先名
32文字+28文字
仕入先登録件数
無制限(HDDの空き容量まで)
仕入先区分(指定可能数)
1~3
仕入先区分登録件数
999件
得意先コード
英数カナ4~13桁
得意先名
32文字+28文字
部門コード
英数カナ4~13桁
得意先登録件数
無制限(HDDの空き容量まで)
得意先区分(指定可能数)
1~3
得意先区分登録件数
999件
部門コード
英数カナ4~13桁
部門登録件数
10件
担当者コード
英数カナ4~13桁
担当者登録件数
999件
摘要コード
英数カナ4桁
摘要登録件数
999件
会社銀行登録件数
100件
伝票No.桁数
英数カナ6桁
入数
数字4桁+少数0~4桁
箱数
数字5桁+少数0~4桁
数量
数字9桁+少数0~4桁
単価
数字9桁+少数0~4桁
金額
12桁
伝票入力行数
99行・30行(入金伝票)
仕入伝票登録件数
年間50,000明細

動作環境

OS
  • Windows 10
  • ※日本語OSの64ビット版(x64)に対応しています。
インターネット

本製品は、インターネット接続環境が必要です。

  • ※本製品の奉行iメニュー画面上に、弊社からのお知らせ(法改正などの有益な情報)が表示されます。
    なお、非インターネット接続環境の場合は、最新のプログラムが提供された際やOMSS契約を更新する際に、手動でダウンロードして更新する作業が必要になります。
対応機種

プロセッサ:インテル Core i3 プロセッサ 以上(推奨:インテル Core i5 プロセッサ 以上)または同等の互換プロセッサ
メモリ:4GB 以上 (推奨:8GB以上)

データベース
  • SQL Server 2019
  • ※日本語版に対応しています。
  • ※本製品では、SQL Server 2019 Express Edition をセットアップできます。
  • ※1データベース領域として、最大10GBまで使用できます。
  • ※本製品のデータベースとして、SQL Server 2019 の上位エディションを使用される場合は、SQL Server の1クライアントライセンスが消費されますのでご注意ください。
ハードディスク

3GB以上必要(データは除く) 

解像度

横 1024 × 縦 768 以上を推奨

周辺機器等

上記OSに対応した、本体に接続可能なディスプレイ・マウス・キーボード・プリンター・日本語変換システム
※プリンターに関しては、下記の「プリンター」欄をご参照ください。

プリンター

製品により、単票式の専用用紙や連続式の専用用紙を用意しているものがあります。その用紙を使用する場合は、対応プリンターが異なりますので、ご注意ください。詳しくは、弊社までお問い合わせください。
※『勘定奉行J11』で消費税提出資料を印刷する場合は、レーザープリンターが必要です。

【レーザープリンター】

※B4サイズ以上に対応したプリンターを推奨。

※専用用紙を使用する場合は、単票式の専用用紙が必要です。また、製品によっては、B4サイズの単票式の専用用紙を用意している場合があります。その専用用紙を使用する場合は、B4サイズ以上に対応したプリンターが必要です。

【ドットプリンター】

※専用用紙を使用する場合は、連続式の専用用紙が必要です。

※連続式の専用用紙に印刷するには、以下の機能が備わっているプリンターが必要です。

  • 15インチの連続用紙が印刷できるドットプリンター
  • プリンタードライバーまたはOSの設定で、余白の範囲を0.00cmまで指定できるプリンター
  • OSの設定で、「プリント サーバーのプロパティ」に使用する専用用紙のサイズの 「新しい用紙」を作成できるプリンター
  • 「トラクタフィーダ」または「プッシュトラクタ」が設定可能なプリンター

【インクジェットプリンター】

※プリンターまたはプリンタードライバーによっては、専用用紙に印刷できない場合があります。詳しくは、弊社までお問い合わせください。

ご注意
  • ※本製品には、上記のOSは含まれていません。
  • ※必要メモリ容量、ハードディスク容量は、システム環境によって異なる場合があります。詳しくは、弊社までお問い合わせください。
  • ※SQL Server および弊社アプリケーション使用領域(バックアップ含む)は、圧縮フォルダーでの運用をサポートしていません。
  • ※セットアップは、管理者グループのメンバーで行う必要があります。
  • ※スリープモード・休止モード・スタンバイモードには対応していません。
  • ※Microsoft Office と連携する機能を利用するには、Microsoft Office 2010 以上が必要です。Microsoft Office のストア アプリ版には対応していません。
  • ※SharePoint Onlineへアップロードするには、SharePoint Onlineのアカウントが必要です。
  • ※PDFファイルを参照するには、Adobe Reader が必要です。
  • ※タッチ操作には、マルチタッチ対応ディスプレイが必要です。
商標など
  • ※Microsoft、Windows、SQL Server、Internet Explorer、Excel、Outlook、SharePoint は、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標です。
  • ※インテル、インテル Coreは、米国およびその他の国における、Intel Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。
  • ※Adobe、Adobe Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
  • ※記載された内容および製品の仕様は、改良のために予告なく変更される場合があります。

ご利用上の注意

「蔵奉行J11」は、年間の仕入伝票の登録明細数が、5万件を超える場合はご利用いただけません。 年間の仕入伝票の登録明細数が、5万件を超える場合は、上位製品である「蔵奉行i11」のご購入をご検討ください。

蔵奉行11を見る

奉行i8シリーズ・奉行i10シリーズご利用者様向け注意事項

「蔵奉行J11」製品は、同一カテゴリ(例 商奉行と蔵奉行のようにデータが統合される場合)の奉行i8シリーズ・奉行i10シリーズ製品 がインストール(セットアップ)されているPCには、セットアップいただけませんので、ご注意ください。別々のPCでのご運用が必要となります。

奉行J11シリーズ製品紹介

中堅・中小企業の方には、奉行クラウド・奉行11シリーズをおすすめします。

OBC販売管理システムラインナップ

奉行クラウド

企業活動におけるすべての業務をつなぐ企業における心臓の役割を担います。
集約した業務データを企業の誰もが安全かつ自由に活用できビジネスを加速できる環境を提供します。

奉行クラウド Edge

従業員が行う申請等の定型業務の業務プロセスを改善し、従業員とバックオフィス双方が生産性高く働ける環境づくりに貢献します。

奉行V ERP

奉行V ERPは、中堅・上場企業特有の経営課題の即戦力となり、迅速な課題解決に貢献します。
また、制度改正や、AI・RPAなどのテクノロジーの進化など、めまぐるしい環境変化に即対応し進化し続けることで、さらなる企業成長を支える即戦力であり続けます。

販売管理

奉行11シリーズ

めまぐるしい環境変化にもいち早く・確実に対応し、これからも将来にわたって確実に対応。
変化に強く、安心して長く使い続けられます。

追加オプション&ソリューション

無料お試し

蔵奉行J11を60日間無料でお試し利用いただけます。

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)