機能

財務会計システム 勘定奉行10[建設業編]の工事原価管理機能について

工事別の原価と採算性を、わかりやすく、かんたんに把握できます。

工事情報・工事別予算管理

工種・発注者・工期・収益認識基準などが管理でき原価管理に活用できます。予算は工事ごとに99パターンまで登録でき、いつでも予算実績対比を確認できます。

原価管理体系登録

原価管理項目を自由に作成し、材料費・労務費・外注費・経費などの原価要素をはじめとした体系を自由に設計できます。自社に合わせた柔軟な工事原価管理を実現できます。

間接費配賦

間接費を企業独自の配賦基準に基づいて工事へ配賦できます。数値・時間・実績・請負金額・坪数・㎡の6種類の数値を配賦基準として採用でき、数クリックだけで配賦処理を完了できます。また、複雑な多段階配賦にも対応できます。

工事台帳・原価帳票作成

レイアウト変更機能により自社に適した使いやすい台帳作成が可能です。日々入力した仕訳がリアルタイムに各原価帳票に反映し、工事別・部門別に収支、予算消化率、原価推移、予算実績進捗を管理できます。

出力帳票一覧
  • 「工事」項目の名称変更

    各メニューや帳票に表示される「工事」項目の名称を「現場」や「物件」など、自社に適した名称に変更できます。

  • 労務費管理

    作業日報に社員の作業時間を入力し、労務費として各工事に配賦できます。

  • 経営事項審査

    評点の事前確認や工事経歴書の作成、事前シミュレーションがかんたんに行え、評点アップ対策に活用できます。

会計システムラインナップ

従来シリーズとの比較

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)